« チェーン交換 | トップページ | 2001 Psylo SL OH その2 »

2001 Psylo SL OH その1

5年ぶり、いやそれ以上メンテしてなかったので、OHしました。

All_parts

全部品

Compvalve

COMP側バルブASSY。ASSYはTUBEに固定されていて可動はしない。圧行程時に右側から油が入ってくる。中央の尖っているのがニードル。テーパーが浅く、減衰力調整は考えられていないよう。締め切るとロックアウト状態。右側のスプリング部はロックアウト時に過入力が入ったときにリリーフする機構。左側の長いスプリングは、COMP時の油の流入に伴って縮むようである。

Rebound_valve

Rebound側バルブASSY。左がロッドで、インナーTUBEから飛び出てアウターTUBEに固定される。COMP側に比べて、ニードルの先が尖っていて、減衰力を調整できるようになっている。開けると、バルブ部への流量が減り(バイパスされる)、減衰力が下がる仕組み。

Spring_seat_2

スプリング部。左レッグに納められている。マイナスネジにより、ストロークを可変できる。80~125mm。ただ、120mmするとガタ感が出る。

Preload

上側のスプリングシートはこのようになっていて、ダイヤルにて中央部がせり上がってきてプリロードを調整できる。

|

« チェーン交換 | トップページ | 2001 Psylo SL OH その2 »

MTB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/45519096

この記事へのトラックバック一覧です: 2001 Psylo SL OH その1:

« チェーン交換 | トップページ | 2001 Psylo SL OH その2 »