« 足柄産 | トップページ | ランエボ 形がなくなってきたエキマニボルト »

ランエボ アクチュエータ交換

111126_120724

エボはボンネットダクトからの雨水でアクチュエータ内部に水が浸入し錆び付く。雨よけが付いた対策品が出ているのでそれへの交換がいずれ必要となる。

自分のエボもロッド根元が錆び錆びで気になって、一年位前に交換しようとしたが、遮熱板のボルトが錆びすぎてねじ切れたので中断していた。ブースト圧に異常はないようだし。

とは言っても部品は購入済みだし、悪くなる前にやっちゃいますか。

Photo

作業はちょっと大掛り。
クーラント抜き。(そのためアンダーカバー一部外す)
エアクリーナーBOX外し
インテークパイプ外し
ラジエータ外し
問題の下側遮熱板外し。上側の遮熱板と共締めのボルトは外れる。横側(ACコンプレッサーの後ろ)の固定ボルトは錆で固着しているので、今回はバーナーで炙ってみた。しかし炙り方が足りないのか、そもそも不可能なのか、やはりグニュっとねじ切れた。上と下側のボルトのみとなってしまった。完全に外さなくても作業は出来そうなのでここまでにした。

Photo_2

 

アクチュエータのロッドはCリングで止まっている。ここがスイングしてタービンへの排ガスをバイパスさせることで過給圧をコントロールしている。






Actr

イニシャルの状態で、スイングバルブがキッチリと閉まるようにロッド長さを調整する。そのままでは、長すぎた。

交換後のフィーリングですが。
多少、ブーストの上がりが良くなり、気持ちよくなったような気がしますが、気のせいかも。
ピーク圧は変わりません。オーバーシュートする特性も相変わらず。

|

« 足柄産 | トップページ | ランエボ 形がなくなってきたエキマニボルト »

」カテゴリの記事

コメント

ブリッツのブーストコントローラーおすすめです。
オーバーシュートの有無も自由自在で、ブーストの立ち上がりも良くなります。
でも、ブースト1.2キロが常時かかるようなら不要かな?
自分のは、熱ダレしてくると1.1キロしかかからなくなってたので。

投稿: アッシ | 2011年12月15日 (木) 01時47分

>アッシ
排気と吸気で音に楽しみが欲しいこのごろ(笑)
あと乗り心地のいい、しなやかな足。

投稿: miyazzi | 2011年12月20日 (火) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/43257640

この記事へのトラックバック一覧です: ランエボ アクチュエータ交換:

« 足柄産 | トップページ | ランエボ 形がなくなってきたエキマニボルト »