« エボ7 ブレンボ キャリパーシール | トップページ | 高木義明文部科学大臣とは »

ランエボ ブレンボ キャリパーOH フロント編

Fr__2

フロントのキャリパOH。
ピストンをどうやって取り出すか・・・です。通常は、エアを使って押し出しますが、そのような設備はないので、やはり今までの車でやってきたようにブレーキペダルを踏んで飛び出させます。

Fr__4


木片を挟みます。ロータと同じ厚さがいいのですが、ちょっと厚めの木片。ペダル踏みます。飛び出てきましたが、まだ抜けません。そこでロータよりちょい薄い木片をはさみもう一度。1個抜けましたが、フルードが漏れ漏れなので後の3個はそのまま。とりあえずキャリパを外してしまいます。
フルードラインは、そのままではフルードが垂れてくるので、ボルトナットと銅ワッシャーで塞ぎます。しかしネジ部分から漏れてしまいました。テーパーネジではないので当たり前ですが。本当はシールテープを巻きたかったのですが、見当たらないので、きつめに締めてなんとなく漏れ止め。

Photo

次にキャリパーからピストンを手で引き抜こうとしますがキツイ・・・そこで抜き取りの工具です。ピストンプライヤーです。
これを握ってピストンに押し付けながら、グリグリ回しながら引き抜くのです。

反対側のキャリパーは、車上でピストンを押し出さずに、こいつだけで引き抜こうとしました。
しかし、なんとか回す事はできても引っ張るのは、かなーりキツク無理有。3方向に最大力をコントロールするのは大変。そして、ピストンへの傷防止でウエスなんか挟むと滑って役立たず。なので工具じかでグリグリやるので、内側傷だらけです。まあ、性能には影響ないので良しとしますが、錆だけは要注意。

Fr__5

ダストシールは引き抜くだけ。一箇所がボロボロでした。ピストンシールはマイナスドライバーで引っ掛けて。

そして洗浄。ブレーキクリーナーだけで落とそうとしましたが、結局、マイペット入れたバケツ水でごしごし。何となくキレイにして乾かします。ブリーダの錆も軽く落としておきます。

Fr__6

ピストンとキャリパーの内側は、恐らくテフロンコーティングされていて、すべすべ。始めてみました。フリクション低減にお金を掛けてます。ピストン4ヶもあるから!

Frlh_

そして小径ピストンの方、左右で高さと縁の形状(溝の有無)が違います!左側が高い。何故でしょう?

Fr__7

新品シールは取り説の通り、フルードに浸してからキャリパー溝にはめ込みます。溝がテーパー状になっているので、シールをはめ込むと、内側に斜めに飛び出します。手でなぞると引っ掛かる感じになります。ブレーキ踏んだ時のピストンの動きに対してシールが捩れ、リリースした時はこの捩れ分でピストンが戻るわけです。

次はダストブーツを嵌めたピストンを、キャリパーに挿入。両手で力を入れて押すと、ググッと入っていきます。

フロント完了です!次はリヤ。

|

« エボ7 ブレンボ キャリパーシール | トップページ | 高木義明文部科学大臣とは »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/40131443

この記事へのトラックバック一覧です: ランエボ ブレンボ キャリパーOH フロント編:

» IKEA家具のスペシャリスト [Witch House]
IKEA(イケア)のことならおまかせください。代行購入、搬入、設置まで、トータルコーディネイトいたします。 [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 19時35分

« エボ7 ブレンボ キャリパーシール | トップページ | 高木義明文部科学大臣とは »