« 10月11日 鍋割山~塔ノ岳 | トップページ | 雪虫 »

ラジエター交換

車検直前に、ラジエター水漏れ・・・・水温が上がり内圧が上がるとアッパータンクのカシメ部分からの漏れ。交換時間もなかったので、使いたくはなかったがホルツの漏れ止め剤注入。漏れはおさまりました!
しかし、あくまで応急処置。純正品は6万強で高い!
それに対して純正相当品(コーヨー製)は送料含めて2.4万ほどで売られています!
もっとビックリしたのはBLITZのアルミラジエターZS。なんと送料無料で2.94万円!

Photo_2

アッパタンクのカシメ回りに、クーラントが溜まっているのを発見したのが発端。水温が90℃越え、内圧が上がると染み出してきた。車検まで交換の時間がないので、ホルツの漏れ止め剤注入。漏れ止めの固形物が、関係ないところに詰まるのが嫌なので使いたくなかったが。。。漏れ止めとしての効果はあり!回転上げても平気。このままでもいいか?と思ったが・・・

Photo_3

Photo_6

アルミ肌がキラキラして眩しいです!







Photo_8

Photo_9









アッパーホース側の内側に若干溶接の垂れ込みがありますが・・・ロワ側は大丈夫。

Photo_11

Photo_12









ドレン側。座面にOリングでシールなので、どこまで締め込んで良いのやら分からなくなってしまう。ラジエターキャップの締め込みはキツイ!製品誤差か。にしても、アルミ溶接ビートは魅力的(笑)

Photo_13

コアが厚くなった分、クーラントが1Lくらい余計に入った。
ついでにサーモスタットも交換。やはり漏れ止め剤の織物が至る所に溜まっている。
ラジエターキャップは付属の1.3kではなく純正1.1k品を装着。
季節が寒くなってきたので、正確な事は言えませんが・・・5℃くらい下がったような。走行時は92℃MAXくらいか。





|

« 10月11日 鍋割山~塔ノ岳 | トップページ | 雪虫 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/37416472

この記事へのトラックバック一覧です: ラジエター交換:

« 10月11日 鍋割山~塔ノ岳 | トップページ | 雪虫 »