« 泥棒成金 | トップページ | 知りすぎていた男 »

引き裂かれたカーテン

「引き裂かれたカーテン」1966年 アルフレッド・ヒッチコック監督、ポールニューマン、ジュリー・アンドリュース(サウンド・オブ・ミュージック主演)

Curtain2

冷戦時代のドイツを舞台にした映画。ミサイル開発に必要な方程式を東側の科学者から盗み出すために、亡命を装って東に潜入するというもの。尾行してきた秘密警察を農家で殺害する迫力と残酷さ、教授から数式を聞きだす所の緊迫感、偽バスでベルリンで向かう所で本物の定期バスが追いついて来てはらするシーン、オペラ劇場で追い詰められた所でのまさかの脱出劇、船からの荷降ろしのシーン。どれも目が離せないスリルを味わえる。さすがヒッチコックといったところか。ポール・ニューマンがカッコいいのですがヒッチコック映画には似合わない??
お薦めかな。

|

« 泥棒成金 | トップページ | 知りすぎていた男 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/35360411

この記事へのトラックバック一覧です: 引き裂かれたカーテン:

« 泥棒成金 | トップページ | 知りすぎていた男 »