« 千歳空港 | トップページ | サイコ »

カサブランカ

「カサブランカ」1942年 米 アカデミー作品賞 ハンフリー・ボガード、イングリッド・バークマン

Op6116_4

イングリッド・バークマンが美しい!それだけではなく、ハードボイルな登場人物が見るものを引き込む。そして話の展開も面白く。まあ臭い台詞も多々あるが・・・

2次世界大戦初期、フランス領モロッコでの話し。カサブランカでナイトクラブを経営するアメリカ人リック。その店を訪れたレジスタンスのラズロとイルザ。二人はナチスの手を逃れ、亡命のためこの地で渡航証明を入手する算段だった。リックはかつてパリで恋に落ちたイルザと再会する。イルザに裏切られながらも、いまだに彼女を忘れることが出来ないリックは、ナチスの目を盗んでふたりを無事にアメリカへ脱出させようとする。味方か敵かはっきりしない警察署長がラストシーンで見せる行動に胸がスカッとする。

この映画の上映時、アメリカは参戦していなかったが、あちこちで反ドイツシーンが見られる。ラストの「ヴィシー水」の瓶をゴミ箱に捨てるのもそうみたい。

Photo

|

« 千歳空港 | トップページ | サイコ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/34647261

この記事へのトラックバック一覧です: カサブランカ:

« 千歳空港 | トップページ | サイコ »