« カサブランカ | トップページ | マーニー »

サイコ

「サイコ」1960年 アルフレッド・ヒッチコック監督  アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー

Zil_2

ヒッチコックの代表作品でモノクロ。マリオンが会社のお金を横領し逃げる所の、警官に目を付けられたり、車を急ぎ乗り換えたりする前半の緊迫感あるストーリから、突然、何の前ぶれもなくモーテルのシャワールームで殺される、びっくりな展開。そしてラストの母親の姿に度肝を抜かれる。

印象に残るシーンは多々あり、警官の執拗なアップシーンとマリオンの焦り様、マリオンの目を見開いたまま浴室の床に横たわっているシーン、地下室での母親、人物の背後からはるか頭上に移動する映像、ノーマンの顔に母親の醜い顔がオーバーラップするシーン・・・などなど。

当時のアメリカ映倫は厳しく、冒頭のベッドシーンやシャワールームでの殺害シーンはずいぶん気を使ったようです。

現在のようなCGなどを使った醜い映像に頼らず、脚本だけで観客を好奇心と恐怖を与えることが出来る・・・昔の映画は素晴らしい。

|

« カサブランカ | トップページ | マーニー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/34648098

この記事へのトラックバック一覧です: サイコ:

« カサブランカ | トップページ | マーニー »