« ランエボ クラッチ交換 | トップページ | スキーシール グルー(糊)張替え »

クラッチ交換その後・・・

クラッチ交換の翌週、エビスサーキットに向かう高速で、停まるとオイルの焼けた匂いが・・・覗き込むと、フロントパイプ部(触媒の手前)にオイルが垂れて付着している。ヘッドカバーからもれたエンジンオイル?ミッションオイル入れすぎでブローバイから吹き出た?しばらく走って、様子を見ても症状は治まらないので下に潜って見ると・・・フロント右ドライブシャフトのシールよりトランスファーオイルが滲み出ています。

クラッチ交換作業に伴うトラブルです。おそらく、ドラシャの再組付けでシャフトとシールの当たりが悪く、なってしまったようです。ショップに車を預けシール交換です。

もっと早く、覗き込むべきでした(下に潜るのが面倒だった・・・)

|

« ランエボ クラッチ交換 | トップページ | スキーシール グルー(糊)張替え »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/26031592

この記事へのトラックバック一覧です: クラッチ交換その後・・・:

« ランエボ クラッチ交換 | トップページ | スキーシール グルー(糊)張替え »