« クラッチ交換その後・・・ | トップページ | 故郷・・・ »

スキーシール グルー(糊)張替え

昨年買ったばかりのG3のシールですが、ホットWAXを剥がさないままシールを貼った為に、粘着力が失われてしまいました・・・張替えです。

まず専用コテで糊を剥がします。コテが温まると、デロデロ糊が溶けて気持ちよく剥がれます。この時、コテは斜めに中心に向けて溶けた糊が滑走面に回りこまないように気をつけます。随時、たまった糊を割り箸などでコテから落とします(スライムみたい)。

次にグルーシートを曲がらず慎重に貼り付けます。そしてアイロンを当てて糊を転写します。温度高めの方がいいようです。すぐに、ローラで(手元になかったのでスプレー缶を使用)、圧着します。これを30cmぐらいごとに進めていきます。

冷めた所で裏返します(滑走面表に)。余分な糊部分を台紙ごと、シールに沿ってカッターで切り落とします。糊がベトベトまとわり付きますが・・・

そして、いよいよ台紙を剥がします。しっかり付いているか確認しましょう。もし、部分的に付いていない所あれば、グルーシートを切って貼りつけ、もう一度転写。完成です。

BDのグルーシートを使いましたが、粘着力強力過ぎです!下記、BDグライドのセンタテープを貼り付け粘着力を弱めました。

もうひとつ、BDのグライドも張り替えました。

これはチートシートの表面が剥がれて黒い繊維?が糊に張り付き粘着力が落ちてしまったものです・・・BDの方が糊を剥がし易かったです。センターのテープはドライヤでちょっと暖めて手で引き剥がします。そしてこちらは、ラッピーで購入した切り売りのグルーシートを使用。粘着力適度で、センターテープは上記G3に流用。

それから、シール全体を乗せられる木板(要は硬い下地)の上で作業した方が楽ですね。最初は短い木材と新聞紙とダンボールの上でやっていましたが・・・糊がウザイ(笑)

Sbsh0391 Sbsh0392 Sbsh0396 Sbsh0398

|

« クラッチ交換その後・・・ | トップページ | 故郷・・・ »

雪の道具」カテゴリの記事

コメント

おー。グルーの張替えって自分でやるのに敷居が高い気がして。。。やらないとですね。今度教えてください!

投稿: YSD | 2008年12月11日 (木) 19時05分

結構楽しいよ(笑)

投稿: miyazzi | 2008年12月11日 (木) 20時36分

もうベテランだねwink

投稿: とも | 2008年12月15日 (月) 21時33分

でも2時間以上かかる・・・

投稿: miyazzi | 2008年12月15日 (月) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/26030229

この記事へのトラックバック一覧です: スキーシール グルー(糊)張替え:

« クラッチ交換その後・・・ | トップページ | 故郷・・・ »