« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

天国から地獄

12月31日 赤井川村 雪 

昨日の雪の良さに味をしめた我々は、また同じ斜面に向かいました。どんな雪になっているのだろうか?

今日は早出。8時前スタートです。昨日から雪は降り続いており、しかも吹雪。でも林の中に入れば風は弱く、行動可能。しかし積もり過ぎで膝ラッセル。KSK、HTTR、U-H、OZWの5人で林道から沢沿いをラッセル。どうも上部20cmくらいがスパスパ切れる。ちょっとした登り斜面。登り始めるとすぐに足元が切れた。同時に上部に2本のクラックが・・・伸びる。この先は断念。手前の樹林帯ピークを目指す。深くて大変な思いして登り詰める。

さてドロップ。あれ?滑らない・・・それどころか、トップがどんどん沈んでいく始末。下りラッセル。雪が重めの上に深すぎ。苦労して滑り降りました。汗びっしょりで、太もも終わり・・・APPです。

これも経験。無事の下山に感謝。

そして、あられ状の雪が吹き続きます。気温も高め。これからの雪の状態は要注意でしょうか。

Sbsh0503 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳味噌とけるパウダー

12月30日 赤井川村 雪 クンバ

朝から降る雪の中、ベースよりハイク開始。KSK、HTTR、OZWと4人です。どきどきの渡渉。成功です。ラッセルしながら2時間ほど登りつめます。汗かきまくり(汗)。今日は我々しか入ってないようです。独り占めです!

そして一本目。まだ雪は少なく、藪が濃いですが・・・そこを抜けると・・・気持ちの良い感覚のツリーラン。そして雪が・・・素晴らしいパウダー!浮き沈みする気持ちの良さ!自由自在に操れる優しさ!なんまら気持ちいい!

そして裏側なので登り返します。また一本。ここも良いです。沢に滑り込みます。すごいパウダーの量!

そして更にハイク&トラバースで雪屁の上へ。飛び降りていきます。舞い上げた雪が頭の上を通り越していきます!みんなスゴイ雄たけびです!下から歓声が聞こえます!(どうやらハグしてたようです)。

自分の番。どきどきで飛び降ります。なんの衝撃もなくバフッと着地。次の1ターンで、この雪が凄い事がわかりました!!顔の周りを雪が駆け抜けていきます!木の隙間を抜けると斜度が落ち込みオープンバーンです。右にノーズを向けるとノートラック!地形がうねっており、バフンバフンと気持ち良さこの上ない!何のストレスもない気持ちよさ!どこまでも滑って行けそう!もちろん絶叫です!ボールの中をこだまします。かなり滑ってみんなと合流。

こんな素晴らしい雪で、この長い一本。スピードもあるし。こりゃ間違いなく今までで一番のランです。

最初の1、2本も最高に良かったわけで、今年の運を使い果たした!(あと一日だけど)

写真がない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリバリレース

12月29日 小雪 クンバ

本日はOZW、HTTRと合流させていただき、北海道で唯一?降雪のあった所でのレースに参戦しましたが、3人しか参加者がおらず・・・何レースか覚えきれないほど滑りました。6レースほどしたのでしょうか?40パウ!とにかくご馳走様!

クンバで縦に落とす滑りを練習?できた。横に切れ込ませても、かなり行けそうな感じ。

Sbsh0495

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テイネオリンピア

12月28日 ナイター -5℃ CONTACT10

昼は用事があって、うずうずしてたので、たまらず家から10分の白樺平ナイターへ。しばれる夜で、30秒滑って5分リフトみたいな感じで体全然温まらず・・・カービング板にて、じっくり滑り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AIR DO 

AIR  DO 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛びます!

飛びます!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ランエボⅧの羽

どうもエボⅦのリヤウイングの形が気に入らず、エボⅧの羽をオークションで9350円で購入!安い!エボⅧからウイング部がカーボンとなっています。カーボン柄が魅力的ですが、クリアが劣化で剥げて白くなってしまうのが特徴。これも、やや白くなっています。また傷も多数あり。カーボン柄にはこだわらないので、全塗装しようと思ってます。定価10ん万のものですからねー、オークション相場は1万台、美品で3万台。これはお買い得でしょ!

Sbsh0467_2  Sbsh0468

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラー型GPSレーダー

Sbsh0283 ユピテル製。ダッシュボードに置くレーダーは煩雑だしウインドウへの映りこみを嫌ったので。これ視認性もいいし、なかなか調子いいです!

しかしGPSの精度が・・・200mぐらいずれています。オービス通過時に、あと200mくらいと表示されます。製品ばらつきなのか???

しかしGPSから計算される車速は車のメータより正確のようです。(メータは実車速より5%くらい高く表示される)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

47五竜

12月21日 47五竜 晴れ>曇り  CONTACT10

昨日は、きっちょんで宴会。3人だけど。お店、まだガラガラです。

今日はゲレンデ滑り込み。天気崩れるとあって、午前券にて。雪は固めから日なたは柔らか。人が多いけど、停まらず一気に滑るを何本か。我慢できず深く掘れたコブに入ってみます。気持ちよい!けど体に悪いので一本だけ・・・

最後はルイスで。昨日から食べ過ぎだ・・・そして風が強くなり、雨となりました。

Sbsh0461 Sbsh0463

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栂池~天狗原

12月20日 晴れ シュガーダディ

今シーズン、初ハイク。足慣らしは、林道が最適(笑)。いつものペースで成城小屋まで。天狗原は藪藪ですが、真ん中と右手の沢はシュプールもあり滑れる。雪も意外といい。遠く白乗斜面を見ると滑っている人が!スプレーもあがっていて、よさげです!

しかし、我々は出発が遅れたため、今日は滑りを断念してトレーニング。ピットチェックすると昨日の降雪5cm。5cmと20cmに氷。積雪160cm。

ビーコントレーニング。遭難ビーコンの電波の出方(置き方)と、捜索開始の場所によっては、反応がどの方向でも同じように出て、どちらに向かって良いか判断できないポイントがある。要は最短で発見できないパターンがある。どうしたもんか?

最後は栂池ゲレンデ一本滑って、ゴンドラにて下山。17ポイントなり。

Sbsh0449 Sbsh0451

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再びスキーシール グルー貼り替え

Sbsh0443 またまたG3のグルー(糊)貼り替え。このシールは保管場所が悪かったせいか(部屋に吊るしてあった)、糊がベトベトな状態。試しに板に貼ると、糊が滑走面に残ってしまう有様・・・手にネトネトまとわり付いて大変。

G3の糊は溶けやすくドロドロなのに対し、BDはそれほど流れなくて固まりになるので、剥がすの楽だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

47五竜へ再び

Sbsh0438 日帰りですが47五竜へ。ちょっと車の数増えたか?日陰はカリカリ、日が当たる所は緩んできて、滑りやすい感じ。ちょっとスピードを出してみた。後半は、手癖を矯正すべく練習。長年の癖はそう簡単には直らない。我慢できずコブにも入ってみた。体壊れそう(笑)

運転終了までみっちり滑ったら、下りゴンドラは、長い行列。んー滑り足りない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故郷・・・

Sbsh0011 この写真。なんだか良い。

でも250kmは近いな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スキーシール グルー(糊)張替え

昨年買ったばかりのG3のシールですが、ホットWAXを剥がさないままシールを貼った為に、粘着力が失われてしまいました・・・張替えです。

まず専用コテで糊を剥がします。コテが温まると、デロデロ糊が溶けて気持ちよく剥がれます。この時、コテは斜めに中心に向けて溶けた糊が滑走面に回りこまないように気をつけます。随時、たまった糊を割り箸などでコテから落とします(スライムみたい)。

次にグルーシートを曲がらず慎重に貼り付けます。そしてアイロンを当てて糊を転写します。温度高めの方がいいようです。すぐに、ローラで(手元になかったのでスプレー缶を使用)、圧着します。これを30cmぐらいごとに進めていきます。

冷めた所で裏返します(滑走面表に)。余分な糊部分を台紙ごと、シールに沿ってカッターで切り落とします。糊がベトベトまとわり付きますが・・・

そして、いよいよ台紙を剥がします。しっかり付いているか確認しましょう。もし、部分的に付いていない所あれば、グルーシートを切って貼りつけ、もう一度転写。完成です。

BDのグルーシートを使いましたが、粘着力強力過ぎです!下記、BDグライドのセンタテープを貼り付け粘着力を弱めました。

もうひとつ、BDのグライドも張り替えました。

これはチートシートの表面が剥がれて黒い繊維?が糊に張り付き粘着力が落ちてしまったものです・・・BDの方が糊を剥がし易かったです。センターのテープはドライヤでちょっと暖めて手で引き剥がします。そしてこちらは、ラッピーで購入した切り売りのグルーシートを使用。粘着力適度で、センターテープは上記G3に流用。

それから、シール全体を乗せられる木板(要は硬い下地)の上で作業した方が楽ですね。最初は短い木材と新聞紙とダンボールの上でやっていましたが・・・糊がウザイ(笑)

Sbsh0391 Sbsh0392 Sbsh0396 Sbsh0398

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クラッチ交換その後・・・

クラッチ交換の翌週、エビスサーキットに向かう高速で、停まるとオイルの焼けた匂いが・・・覗き込むと、フロントパイプ部(触媒の手前)にオイルが垂れて付着している。ヘッドカバーからもれたエンジンオイル?ミッションオイル入れすぎでブローバイから吹き出た?しばらく走って、様子を見ても症状は治まらないので下に潜って見ると・・・フロント右ドライブシャフトのシールよりトランスファーオイルが滲み出ています。

クラッチ交換作業に伴うトラブルです。おそらく、ドラシャの再組付けでシャフトとシールの当たりが悪く、なってしまったようです。ショップに車を預けシール交換です。

もっと早く、覗き込むべきでした(下に潜るのが面倒だった・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランエボ クラッチ交換

11月のエビスサーキット走行前に交換しました。

夏くらいから発進時にジャダーが出易くなったのと、ミートポイントが随分上に上がってきたので、滑り出す前に交換を決意。選んだ強化クラッチはEXDYの「ウルトラファイバークラッチ」。ブーストアップ程度のライトチューンに対応できる事と、やはり扱いやすさに特殊性が無い事、そして耐久性も欲しいということで。ハイパーシングルとか何とかは耐久性が劣りそうだから。フライホイールも交換。5.45kg。

交換後インプレッション。踏力は少し重くなった(反力感大)が、苦ではない。つながりが早くなり、気持ちよく運転できる。フライホイール含めて重量が減ったせいか、3速以上の2000rpm弱なんてシーンでは、以前はこもり音がして加速もしなかったのが、なんとか加速して実用的に使えるようになりドライビリティが向上した。加えて気持ち加速も良くなったようだし、もちろんシフトダウン時の回転の上下も気持ち早くなった印象。

交換工賃はびっくり値段!そしてオベロンのオイルを奢ってしまいました・・・

そして外したクラッチは、まだ使えそうですが八割減りくらい。いい交換時でした。

Cluch Cover1 Cover2 Disc1 Fw2 Fw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビスサーキット 2日目

11月16日

朝からあいにくの小雨。ウェットでも走る。

西コース。1コーナの入り方も何となく分かってきた。ズリズリはらんで行く車を抑えながら走る。第1への字出口でお尻がズルッといったり、第2への字手前でハイドロになったときはビビッたが、次第にタイムもアップ。3コーナで突っ込みすぎてコースアウトしてしまった。最後、路面がやや乾き気味のときにクリアラップとってベストタイム。まだまだ詰めれるはずだけど、次回へ・・・

東コースへ移動。の前に、足回りから異音がするのでジャッキアップするとバネの間に石ころが・・・1コーナ抜けた後のS字がうまく走れない。1ヘアピンはなかなか減速しなくて突っ込みすぎ。なんでか分からないけど、1ラップだけ他の周に比べて1秒以上速い奇跡のタイムが記録されていた(謎)

ウェットでもタイヤの差を感じた。また次回頑張ろう。

2008111614260000_2 2008111615320000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

47五竜

11月30日 クンバ&CONTACT10 小雪&ガス

Sbsh0402 今シーズン2回目のゲレンデ滑り。今日は47。まだゴンドラでの下山だが、R1上部までがOPEN。R3はまだ。ゲレンデに人はそこそこいるがリフト待ちはなし。

ゴンドラ付近は湿雪だが上部はパウダーチック。朝一良かったのでは?すでに10時過ぎだったので、グランプリコースは荒れ荒れ。雪面が見えず、微妙に起伏があるので滑るの大変。板替えで、R1上部をカービングで滑る。まだまだ下手くそ。

しかし滑るの楽しい!が膝回りの筋肉不足で足が痛むので、ほどほどな所で引き揚げる。調子悪い足首も今の所大丈夫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »