« プラモデル その4 | トップページ | ランエボ 下回りの錆止め 続き »

ランエボ 下回りの錆止め

Image178

下回り見てビックリしました!5年にしてこの錆びよう。スペアタイヤ周りはまだしも、パネルの継ぎ目と言う継ぎ目は錆が浮き出ています。スペアタイヤの下は錆びやすく、後のモデルではⅧやⅨではアンダーコートがしっかり塗られているよう。なにせベースが安いセディアですし、こんな所にはお金をかけない車なのです。前に乗っていたHP10(日産プリメーラ)は、しっかりと防錆処理されていて10年以上経っても下回りの醜い錆は無かったです(隠れているだけかもしれないが)。それにしてもAYC油圧ユニットカバーの錆はひどい。前オーナーが多湿な環境(土の上)で、ほとんど動かさず保管していたのが想像できます。

Image177

Image179


今後10年?は乗るので、今のうちしっかり錆処理します。とは言っても大雑把ですが。レンタルピットにてリフトアップして作業しました。まずワイヤーブラシで浮き錆をさくっと剥がします。その後「ビルダーズハウス」 で購入した「RP1」をハケ塗りします。これは錆の内部にまで浸透して内部の水分と化学硬化する防錆剤です。塗りたくります。一本100ccを使いまし た。手の届かない所は無視です。ただこれだけでは、表面の塗膜が薄いので2~3時間乾燥後さらに別の防錆剤なたはシャシーブラックを塗るのが良いかと。

Image248_2

Image252

Image255_2

 

|

« プラモデル その4 | トップページ | ランエボ 下回りの錆止め 続き »

」カテゴリの記事

コメント

錆すごいね!
H5年式のNA6CE!車検のときに気になるところに
シャシーブラックを塗って、結構平気だよ。
どこか気付かないとこで錆が進んでいるかも・・・

投稿: Yasu | 2012年5月16日 (水) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753829

この記事へのトラックバック一覧です: ランエボ 下回りの錆止め:

« プラモデル その4 | トップページ | ランエボ 下回りの錆止め 続き »