« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

今年のイルミ

Image296 今年のイルミ。子供が「今年はトナカイじゃなくて星だー」と。たしかにてっぺんの飾りが違っています・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレーキ鳴き対策

Image309 Image311 パッドのシムを外したところブレーキ鳴きがひどい状態でした。キーどころかギャーで、誰もが振り向くほど。横に人がいればビックリしてひっくり返る可能性もあり(笑)。

なのでフロントのみシムを戻し、シムグリースを塗りました。鳴きに関しては大改善。山を走り、温度を上げるとまたひどいブレーキ鳴きが発生します。おそらく高温下でのロータ歪みでは。その後パッドをチェックしてみると、グリースが硬化してガチガチにこびりついてました。グリースの耐熱温度を越えたのでしょうか?

今冬はノーマルパッド+シムあり+グリース無しの組み合わせとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬タイヤ

Image310 2シーズン目のスタッドレス。横浜IG20。ホイールはPIAA。

そしてブレーキパッドもノーマルへ。冬にはもったいないエンドレスCC-R。せっかくロータにも皮膜がついて当たり付いたのだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08シーズン初滑り!

11月24日 五竜上部  晴れ 気温1℃ SALOMON SCREAM10

Image304_2 10時に着いたが駐車場がびっしり!ピリッとした寒さの中、膝が不安な初滑り。ゴンドラで上がりいざ一本目。おっかなびっくりだが何とか滑れた。北斜面でバーンもキレイな方へ移動。2本3本となかなか板に乗れない。膝にも負担がかかっているのが分かる。休憩 。昨年の特製豚カレーがない!休憩後は次第に板に乗れてきてスピードアップ!加重のマキシマムから膝を切り替えす所で、いやな感じがする。屈伸でポキッと鳴る直前の噛み合わせの悪い状態・・・と表現すればよいのか?次第に膝が疲労してきて終了。歩くとぎこちない感じになった。まあ少しずつ耐力付けていくしかないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい景色!

いい景色!
いよいよ来ました!久しぶりの景色です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備

Image295 Image293 今シーズンの相棒達。ベースワックス剥がし。WAXは簡単WAXにて・・・手抜き。

カービング、セミファット、ファットスキーが揃っています。あとは直進専用スーパーファットが必要か??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

問題

なまらざんぎじょっぴんみそしるじゃがいもだべさばんざい・・・なんの事でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポール

Image290 Image291_2 SCOTTのカーボンポール。105cm。「FREERIDE CARBON」一番、軽く振りやすかったのを選んだ。しかも安い!8500円だったか。その代わりグリップとかごく普通ですけど。これはカービング用に長さを合わせていこうと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膝の調子

Image289 走るのも、駆け足での階段上り下りも平気。ただ動かしてないと内側靭帯に張りがあり、伸びきりで抵抗がある(引っ張られる)。こんな時は歩き方がおかしい。関係があるか分からないが、ふくらはぎが硬い(アキレス腱)。しゃがむと右は足首が曲がりにくい。ふくらはぎが伸びない。あとは車で走りこんでいる時、アクセル・ブレーキの踏み変えしてるとパキッと膝がなる。軽く痛みを感じる時がある。けど力は入れられる。あまり無理すると軟骨や半月をさらに痛めてしまうんだろうな。

あとは捩り運動(スキー)が実際どうなるか?今週末、試してみるつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとっ走り

Image285_3 昨日の夕方ぷらっと山へ。急勾配で狭くてタイトコーナの連続している○ばきライン。車の大きさを感じる。寄せられない。ピラーが邪魔で先が見えない。踏み切れない。まだノーマル足でも遊べる。まだまだ限界を引き出せてないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬支度やらこまごまと・・・

Image284 気がつけば恋人も家に来てから一年たった。プレゼントの嵐。まずスピードマスターの15W40のオイル交換。フィルター交換無しで4L全部入った。

次に初めてのクーラント交換。ラジエター抜きで4L。残り2Lをエンジンブロックからも抜こうと思ったが、手が入らず無理。-30℃ばっちりOKの濃度。しかしエア抜きの際、大量にあふれさせてしまったので薄くなった・・・ウオッシャー液も凍らないように補充。

HIDの白さに対して黄色くてかっこ悪かったポジションランプをLED化。なるべく安いのを捜した。バッチリ!

さらにPIAAの「XTREAM WHITE」色温度6700Kをフォグに奢る。HIDより白いかも。

ボディのエシロンガラスコーティングも一年経てば弾かないし水あかだらけ。なのでシャンプー洗車するだけでポリマー加工相当の試供品にて洗車。撥水性良いがどのくらもつかな?

それからベースキャリアの取り付け。スキーキャリアは鍵が壊れたし、新調しようかな。

スタッドレスは・・・まだ走りたいので見送ってしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪虫

雪虫、発見!手でつかむと、とても大きかった!けど雪虫はつかむと、なぜすぐに死んでしまうのだろう・・・すまん。北海道では自転車乗っている時に大群に会うと服が真っ白になったもんだ。今日は息も白かった。寒い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩その2

散歩その2
あーあ。もうこんな時期ですね。寒波到来なのでタイヤ履き替えましょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

散歩中

散歩中
宇都宮。これから軽く走って宿に帰ります。膝の違和感は治りません。大丈夫かな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シーズンのウエア!

Image268_2 Image271 Image275 Image277 パタゴニアです。色とデザインと機能で色々悩みました。RTGはゴワゴワしてるしアークは高いし。どこのメーカにしろ希望のものサイズが置いてある店がなさ過ぎ。その点パタゴニアSHOPに入れば確実に選べたわけです。

ハードシェルジャケット「PrimoJacket」。2層構造でチョイ重め。裏地無しの一枚もの「FlashPrimo」と悩みました。 理由は・・・今までの使い方から。昨シーズンまでのSOSも2層構造だがハイク中は必ず脱いでいる。フルに着込んでいても強風の稜線やコルチナのリフト待ちで寒い。万が一動けなくなった時を考え保温性が高いものが安心。やはり標高下げた滑走時は暑いですけど我慢。結論は、ソフトシェルも一枚欲しいなーです。

脇のベンチもタップリ開くし、フードは脱着式。内ポケットはシールも入る。止水ジッパー。柔らか素材で重さを除けば機能的には満足。

パンツは「FlashPrimo」。ジャケットと合わせれば「Primo」になるのですが、これがとんでもなく重くて論外。こいつのウエストのベロクロをはがすし、ベンチのジッパーを下げると・・・あれあれ、お尻丸出しです!これで出発寸前の第五の便所も快適になるでしょう(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デッドニング

Image260 Image261 Image262 Image263 Image267 どうも中低音がぼやけてハッキリしないのでデッドニングしました。片ドア3時間かかったので二日に分けて。まずは内張りを外し、ビニールカバーを剥がし、接着に使われていたブチルゴムをステッカー剥がし液で拭き取ります。ドアパネルを洗浄後に制振シート(銀色)を貼ります。叩くと響かなくなるのが分かります。その上に吸音シート(スポンジ状)をスピーカー背面を重点的に貼ります。次はインナーパネルに開いている穴全てに制振シート(ハイグレード版黒色)を貼り穴を塞ぎます。制振シートはヘラを利用してきっちり圧着させます。ドアノブからのロッドにはコルゲートチューブを被せその上に貼ります。スピーカのバッフルボードも導入しました。ボードとパネルの間は防音材で隙間を埋めます。ボードとスピーカはリジッドで固定しました。あとは内張りとパネルの隙間を防音材でカバーするのですが、手を抜きました。写真にはないのですがスピーカの周りを防音材で囲い、内張りとの隙間をなくしました。

制振シート銀色2枚、ハイグレード制振シート2枚、防音シート1枚、吸音シート1枚を使いました。

片方のドアを施工しただけで音が変わりました。両方を完成させ、いざ試聴。狙い通り、切れ味ある低音が出てきました。パーンと言うシャープな音が鋭く出ます。いい感じです。今はリヤスピーカは殺し、フロントだけで鳴らしいますが満足です。スピーカはカロッツェリア「TS-C07A」でチョイお高いスピーカーを外部アンプで駆動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山水 AU-α607EXTRA

Image274_2 Image268 電源ランプが点滅して音が出なくなって、押入れに長い事眠らせてきましたが、悩んだ挙句、今はもうないサンスイのアンプ。修理に出しました!

サンスイのOBの方がやっているショップをネットで探し出し送りました。「イシノ・ラボ」です。 3万程度の予想より安く直せました。19,425円なり。工数3時間で6300円。修理内容はスイッチ修理・LRバランス調整・ボリュームクリーニングです。

このアンプ、低音が太いです。ビシバシ音が立ち上がってくる感じで、代替機として使っていたグレード下のヤマハのA750とは比べ物になりません。でも低音が強くてバランス悪いです。トーンコントロールでも絞りきれません・・・そして、ソースによっては低音がこもった感じがします。これはCDプレーヤーが古すぎるのが原因かもしれません。

しかし、極たまに、電源ランプ点滅で音が出なくなる症状が再発します。パワーアンプのDC安定度が悪いせいかもしれないとの事ですが、修理した時は安定していたそうです。様子をみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は・・・

今日は・・・
やまびこで宇都宮に向かいます。すっかり夜です。頭が熱いです・・・おやすみ。盛岡まで寝過ごすと大変!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TMS

TMS
東京モーターショーです。残念ながら立ちんぼの仕事できてます・・・写真は休憩時間に撮ったSAABです。カッコイイかも! さて人間観察に戻ります・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランエボ 下回りの錆止め 続き

 

Image256

一気に錆処理を進めました。リフトが借りられなかったので、自宅で馬に乗せての作業。

今度はこれも「ビルダーズハウス」にて購入した「POR15」。「RP1」がサラサラなのに対し、これはドロドロで、伸ばすようにハケ塗り。その代わり硬化するとかなり強力な塗膜となり、隙間に埋めればボディ補強にもなるという接着性らしい。

やはりリフトアップしないと作業性かなり悪く、少しいい加減な塗り方になってしまった。まあでも主要部は塗れたので良しとする。

Image257

Image258

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランエボ 下回りの錆止め

Image178

下回り見てビックリしました!5年にしてこの錆びよう。スペアタイヤ周りはまだしも、パネルの継ぎ目と言う継ぎ目は錆が浮き出ています。スペアタイヤの下は錆びやすく、後のモデルではⅧやⅨではアンダーコートがしっかり塗られているよう。なにせベースが安いセディアですし、こんな所にはお金をかけない車なのです。前に乗っていたHP10(日産プリメーラ)は、しっかりと防錆処理されていて10年以上経っても下回りの醜い錆は無かったです(隠れているだけかもしれないが)。それにしてもAYC油圧ユニットカバーの錆はひどい。前オーナーが多湿な環境(土の上)で、ほとんど動かさず保管していたのが想像できます。

続きを読む "ランエボ 下回りの錆止め"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プラモデル その4

070621_1720 ドイツ3号戦車。

他にもTIGERⅠや88mm砲もあります。

これらのプラモデルは再び思い出箱にしまわれて眠りにつきました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモデル その3

070621_1721 その1その2の続き。ドイツもの。中学生の時の作品かな。1/35沢山作ったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »