« 川原でのんびり | トップページ | 道南海岸線の旅 その8 »

道南海岸線の旅 その7

Image196 江差は北海道で最初に栄えた港町でしょうか。北前船。そして松前・函館・小樽と商業の中心は移り変わって行ったのでは・・・江差では「旧檜山爾志郡役所」の資料館も見学。明治20年建築で平成4年まで使われていた建物。その後、復元修復され、その時に壁を剥がした時に発見された布クロス「京都かしま織り」も忠実に再現されたもの。猿カニ合戦の絵など、これは一見の価値アリ。外装の色も忠実に再現したそうだが、なんだかテカテカしてしっくりこない。それにしても昔の建物は遊び心あるデザイン、装飾があって見る物を楽しませてくれる!が現代の建物は・・・味気なし。

幕末の開陽丸を見て、本日の寝床探し。まだ8月15日です。

|

« 川原でのんびり | トップページ | 道南海岸線の旅 その8 »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753777

この記事へのトラックバック一覧です: 道南海岸線の旅 その7:

« 川原でのんびり | トップページ | 道南海岸線の旅 その8 »