« 受傷以来の自転車! | トップページ | もう少しで正座! »

華麗なる賭け

Gxvw16227_l_1

「華麗なる賭け」 1968年アメリカ  スチーブ・マックイーン、フェイ・ダナウェー

大富豪(マックイーン)が金欲しさではなく、頭脳と可能性に挑戦して銀行強盗を行う。そして保険会社の美人調査員ビッキー(ダナウェー)は彼を容疑者と確信し近づいていくが、やがて恋に落ち…

まず耳にした事のあるオープニング曲「風のささやき」。とても不思議な曲調で耳に残る。それから斬新(当時は?)かつ華麗な映像。物語の展開を効果的に演出し、役の心情を大きく引き出している。見るものを飽きさせない。ダナウェーの美貌もあるが、二人がチェスを打ちながら愛を確信していくシーンは素晴らしい!こちらもドキドキして心が高鳴ってしまう!マックイーンがカッコいいなー

この頃のアメリカ映画はいいです。ハードボイルド的な描写。一見意味のない行動に意味を持たせる。「真夜中のカーボーイ」「スケアクロウ」なんかが浮かんできます。

|

« 受傷以来の自転車! | トップページ | もう少しで正座! »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753729

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる賭け:

« 受傷以来の自転車! | トップページ | もう少しで正座! »