« パッドのシム抜き | トップページ | 博士の愛した数式 »

ランエボⅦのブレーキがフェード

070513_1717 純正ブレンボと純正ブレーキパッド。

最初は良く効くし、耐フェード性も良好だと思ったのですが・・・近所のトンネルが続く2-3速のテストコースは短距離ながらハードブレーキが連続し冷える区間もない厳しい道。ここを走らせると往復は持ちません。2/3周くらいでブレーキングでジャダー(振動)がおき、何事?と思って次のコーナに飛び込むと、ブレーキがすっぽ抜けて(踏み代が増える)恐い思いしました。クーリングの後はペダルタッチは戻るのでエア噛みではなく、ジャダーでピストンが押し戻されたノックバック現象と推測。その後、クーリングしてローターを見ると端が紫色に・・・この現象は翌週のテストでも発生しましたので、ノーマルブレーキの限界。とあるショップのHPなど見てるとノーマルのローターはジャダーが起き易いようです。

|

« パッドのシム抜き | トップページ | 博士の愛した数式 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753688

この記事へのトラックバック一覧です: ランエボⅦのブレーキがフェード:

« パッドのシム抜き | トップページ | 博士の愛した数式 »