« 博士の愛した数式 | トップページ | 油温・油圧メーター用センサの取り付け »

キリング・フィールド

Killingfield キリング・フィールド1984年英

アカデミー賞受賞作品「THE KILLING FIELD」英語で書くと恐ろしいタイトル。これはカンボジアのあちこちにある処刑場の名前。

カンボジアの内戦によるポル・ポト政権(クメール・ルージュ)の狂気に満ちた極端な共産党政策・強制労働・大量虐殺の悲惨さを描いたもの。カンボジア人の通訳兼ガイドのディス・プラン役を演じたハイン・S・ニョールはカンボジア出身の医師で、実際に4年の間、クメール・ルージュの元で強制労働に就かされた経験を持つ。演技は素人であったが、この作品でアカデミー助演男優賞を受賞した。しかし、彼は1996年にロサンゼルスの自宅前で強盗?に銃撃され亡くなりました。

何気なく恐ろしいシーンが散りばめられている。病院では床に流れ出た血の後始末。拭いても拭いても拭いきれない。手足のない大人子供。頭脳階級者は抹殺。子供がリーダーであり大人を虐殺。沼地に広がる骨の山には涙が溢れるはず。なんと人口に対する死亡者数の20%以上が虐殺によるもの・・・だったらしい。イマジンが流れる中のラストセリフ「許すことなど何もない。」、この一言の重み。そしてラストクレジットでの物悲しいテーマ曲。

カンボジアの歴史を調べてみると理解不能で悲しみの一言。狂気の世界がつい先日まで・・・そして今も世界のどこかには存在している事実。

数ある戦争映画でもこれは是非観るべき映画。戦争の悲惨さより、ここまで変わることのできる人間の悲惨さを感じます。

|

« 博士の愛した数式 | トップページ | 油温・油圧メーター用センサの取り付け »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753690

この記事へのトラックバック一覧です: キリング・フィールド:

« 博士の愛した数式 | トップページ | 油温・油圧メーター用センサの取り付け »