« 入院生活 | トップページ | 入院生活3日目4日目 »

無事退院!

070531_1817 退院してきました!短い入院生活でしたが。

1日目

13時半に病院入り。入院生活と手術前オリエンテーション。後は読書して過ごす。明日、朝からの点滴に向けて針だけ入れた。しかし、なかなか針が血管に刺さらず2箇所で刺したがダメ。グリグリやられて痛かった・・・1時間後ぐらいに仕切り直して別な場所でトライするとすんなり。まだまだ若い看護師。許してやろう。

18時に夕食食べて、21時消灯。明日の手術に向けて21時以降禁飲食。浣腸はなかった(笑)

2日目

ぐっすり寝て6時にはすでに起床。手術は15時半なので、まだまだ先は長い。蓄尿といって5時以降は容器に貯める。術後の経過の参考にするそう。手術着へ着替え、早速点滴開始。あとは抗生剤テスト。むくみ防止用ソックス。手術時の看護師からの挨拶。担当医の成尾先生が来たり。薬剤師が術後の薬を持ってきたり。その間は読書・睡眠の繰り返し。14時になると緊張してきた。15時にそろそろ準備を・・ということで、排尿しT字帯を付ける。オリエンテーションにあった麻酔をかかりやすくする注射・・・はなかった。そしてオペを担当する入江先生が来た。先生は非常勤で隔週土曜が外来で火曜オペでやってくる。ちょっと複雑。

いよいよ、歩いて手術室へ・・・もうドキドキです。メガネを外されます。ぼやけているのでかえって好都合。踏み台を上がり手術ベッドへ横たわります。青い手術着のスタッフ、男性と女性と麻酔科女医が三人。緊張でこみ上げて来そうですがテキパキと酸素マスク・心電図・血中酸素濃度計(指に挟む)を付け、手術着を脱がされます。布団を掛けられます。クラシック音楽がBGMで流れています。そして「やっぱり管入れますね♪」と言われショック。もちろん入れるのは麻酔中ですが。

そして横になって背中を丸めてと言われました。いよいよ腰椎に針を刺される!痛いあかも!・・・・その後の記憶が全くありません!

気が付くと自室のベッドで酸素マスクをして寝ていました。これは予想外でした。なんとなく入江先生と話をして、また明日話をしましょうと会話したような、看護婦と話したような・・・下半身は脊椎麻酔でしっかりと麻痺させ、オプションで意識を深く落とすような麻酔(多分点滴から入れていると思う・・・)をお願いした。(もちろん料金もUP)。完全に意識はなくならないけどボーとしていると説明されていた。いわゆる全身麻酔とは違う。全身麻酔は人工呼吸も必要となる大掛かりなもの。

オペ自体は16時半頃には終わっていたようですから、術後2時間以上寝ていたよう。酸素マスクを外され、麻酔がまだ効いていて、下半身が動かないのを確認してまた寝てしまった。夜は抗生物質の点滴で何回か看護婦さんが見に来ました。眼が覚めてきて足先が動いてきました。腰が痛くて辛いので起き上がりたいと訴えると、無理に動かすと頭痛が出るからまだダメと。針穴が塞がる前に無理に動かすと髄液が出てきて、脳の圧力が下がるので頭痛が起きると言うもの。朝まで我慢しました。

|

« 入院生活 | トップページ | 入院生活3日目4日目 »

身体との闘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753696

この記事へのトラックバック一覧です: 無事退院!:

« 入院生活 | トップページ | 入院生活3日目4日目 »