« 札幌ラーメンあれこれ | トップページ | カツゲン »

氷点

060831_2256 三浦綾子の「氷点」。今冬、ドラマが放映されるそうで、先取りして夏休みの船の中で読破しました。三浦綾子の小説は北海道が舞台という理由だけで「塩狩峠」を読んだんですが心打たれるものがあったので、「道ありき」も読書済み。こちらは自伝。彼女の作品はキリスト教への導きが強いのですが、「氷点」はそれほどでもなく。人物の微妙であったり、激しいものであったりする感情に、容易に移入でき、非常に読みやすい。最後の陽子の手紙で、テーマである「原罪」というものが一気に形作られるところが感銘を受けた。そして、新たなテーマとなる「続・氷点」を読書中。

|

« 札幌ラーメンあれこれ | トップページ | カツゲン »

読書感想文」カテゴリの記事

コメント

氷点、ブックオフで買いました~
まだ読んでいません。今、内田康夫の浅見シリーズにはまってます。

投稿: ケロエリ | 2006年9月 1日 (金) 16時16分

明日は山の上で読んできます!が、そんな余裕あるかどうか微妙。

投稿: miyazi | 2006年9月 1日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753494

この記事へのトラックバック一覧です: 氷点:

« 札幌ラーメンあれこれ | トップページ | カツゲン »