« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | いま、会いにゆきます »

アリュート・ヘブン

060716_2146_1 新谷暁生著「アリュート・ヘブン」2004年。以前にもニセコ雪崩情報の話で紹介した新谷氏はシーカヤックガイド、登山家ニセコ雪崩調査所所長、ロッジ・ウッドペッカーズ経営。1947年札幌生まれ、札幌西高、酪農学園大卒といったところ。

この本は自分の冒険話の記録ではない。自身も冒険家ではないと言っている。自伝的なところもあるが、訪れた土地で(世界中)感じた、自然への考え・民族の歴史生活・友知人への尊敬・敬愛が綴られている。そして道具や人の行動や発言にも自分の考えを述べているが、批判というものでも無く、押し付けがましいところは無く、あくまでも自分の考え。新谷氏は謙虚な人だ。人の生き方を大事に思う人だ。

25年前に二人でノンサポート、厳冬期十勝大雪縦走の未だ破られていない記録はすごい!毎日の吹雪の中、イグルーで泊まりスキーとアイゼンで16日間で走破・・・だそうだ。あと笑えたのが吹雪ホワイトアウトの中、目の前の岩山を地図で探したが、岩山は崩れ、自分の大便だったという話。これを読んで立山で稜線からウルトラマン並みの人が現れたことを思い出した(笑)。

|

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | いま、会いにゆきます »

読書感想文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753465

この記事へのトラックバック一覧です: アリュート・ヘブン:

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | いま、会いにゆきます »