« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

北横岳

北横岳 麦草峠から4時間。北横岳山頂!左に写ってるのが蓼科山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無線機(TH78)

060726_205300 ケンウッドの「TH78」です。10年以上前のものです。重くて大きいので、さすがに山には持っていけません・・・144&430MHzデュアルバンド、受信改造済み。携帯がアナログだった頃は楽しめました(笑)。山用として考えると、防水性とコンパクトさでスタンダードの「VX-6」が定番なのでしょうか?ただデュアルバンドなんだけど同時受信ができない。同時受信望むなら1万高い3BANDの「VX-7」になる。まあそこまでは必要ないので「VX-6」を入手しようかと。ちなみに「7K4HGF」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極ダイエット法

060724_2216 昨年は「腸炎ダイエット」で2kgほど減量に成功しました。これは高熱と頭痛と共に腹がくだり、一週間休む羽目になったキツイものでした。

そして今年は「親知らず抜歯ダイエット」。これは食べたくても口が開かなくて食べれないというもの。それ以外も腫れ発熱で大変でした。3kgほど体重が落ちましたが、一週間たって戻ってしまいました・・・しかし体脂肪率は1%以上コンスタントに落ちて○0%を切りました!が体型は変わらず・・・このダイエット法は個人差(抜歯後の苦しみ)があると思います。たった2~3kgですけど、平均的にこれだけ増減すると大きいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日光白根山 その2

今シーズン初の登山。菅沼から登りました。6時から登り始めたのですが、とにかく眠い・・・青空で空気も澄んでいて山頂がくっきり!緑も眩しいくらいで爽やかな天気。山頂からは中禅寺湖、男体山、燧ヶ岳、至仏山、菅沼、大沼、五色沼などがハッキリと。バンビもいたりして。登り下り3時間ずつで12時半には下山。気持ちの良い風の中、車の中でお昼寝。

060723_0804 060723_0902 060723_1021

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日光白根山

日光白根山 6時から登り始め9時過ぎ山頂。天気良く青空!あれ、山頂の写真が無い...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルホランド・ドライブ

2000年米 デビッド・リンチ監督・脚本  ナオミ・ワッツMulholland   

真夜中の事故。記憶を失った女が忍び込んだ部屋で、女優志望のベティと鉢合わせ。二人で記憶の糸を手繰り寄せようとするが・・・

冒頭からいくつかの伏線めいたシーン。それらが次第に結びついていき謎が解けていく。。。かと思いきや、伏線だらけで頭パニック気味!謎を引っ張りに引っ張って話はねじれて、終盤に差し掛かるであろう時間帯で、なんとベッドで二人が裸で・・・おかしい!そこから話は滅茶苦茶な方向に突っ走り理解不能。そのまま終了・・・やばいですこの映画。訳が分からないのでもう一度観ます。

カンヌ映画祭監督賞受賞作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いま、会いにゆきます

Ima 2004年 土井裕泰監督

劇場に続いて2度目の鑑賞。冒頭のケーキ配達の所ですでに泣き・・・というくらい好きな映画。愛が詰まった、いい話。巧、澪、祐司の親子3人が精一杯の愛を貫いているところに、悲しいながらも暖かい感じをもらえる。ワンカット、ワンカットがキレイでハッキリした意味のあるもの。丁寧に作られている感じがします。映画の中で使われている「おぼえていてね(アーカイブ星ものがたり)」という絵本もありますね。梅雨明け前の今週が見頃!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アリュート・ヘブン

060716_2146_1 新谷暁生著「アリュート・ヘブン」2004年。以前にもニセコ雪崩情報の話で紹介した新谷氏はシーカヤックガイド、登山家ニセコ雪崩調査所所長、ロッジ・ウッドペッカーズ経営。1947年札幌生まれ、札幌西高、酪農学園大卒といったところ。

この本は自分の冒険話の記録ではない。自身も冒険家ではないと言っている。自伝的なところもあるが、訪れた土地で(世界中)感じた、自然への考え・民族の歴史生活・友知人への尊敬・敬愛が綴られている。そして道具や人の行動や発言にも自分の考えを述べているが、批判というものでも無く、押し付けがましいところは無く、あくまでも自分の考え。新谷氏は謙虚な人だ。人の生き方を大事に思う人だ。

25年前に二人でノンサポート、厳冬期十勝大雪縦走の未だ破られていない記録はすごい!毎日の吹雪の中、イグルーで泊まりスキーとアイゼンで16日間で走破・・・だそうだ。あと笑えたのが吹雪ホワイトアウトの中、目の前の岩山を地図で探したが、岩山は崩れ、自分の大便だったという話。これを読んで立山で稜線からウルトラマン並みの人が現れたことを思い出した(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーリーとチョコレート工場

Dl59338_1  2005年 ティム・バートン監督 ジョニー・ディップ

こういった世界観、映像、美術はこの監督にしかできないのでは??完璧までのへんてこなシーンの連続で楽しい。メカメカしい感じが男の子にはいいです。小人のウンパ・ルンパのダンスは最高です。ですが最後には、ほのぼのと・・・なります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰りの放送

FM横浜で最近、時報前の2~3分間にクラシックを流しているのですが、17時前の曲が、ドヴォルザーク作: 「交響曲第9番<新世界より>第2楽章から」なのです。これ、小学校の頃「帰りの放送」で流していたもの。5年生の頃ですが放送委員やっていたことを思い出しました。優しい先輩達と楽しくやっていましたね。マイク切る前に耐えられずに笑ってしまったりとか。中学に上がるとき隣の校区に移ることになり同級生とも先輩とも一緒の中学には行けませんでしたが、憧れていた先輩は卒業の時に詩を教えてくれました。あとは内緒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO

060714_2148 060714_214800 金城一紀「GO」。とても良かった。この本のテーマには民族問題の事もあるけど、オヤジや杉原もカッコいいけど、なんといっても桜井が好き。ほんとに好き。最初から最後まで気持ち良く、しかも真剣に考え読むことができた。おすすめの一冊。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その後

口が開かないので色々口を動かしてみたりしましたがダメ。。。夕方メロンを買ってきて5mmくらいに薄く切って隙間から押し込んで食べていると、口が開くようになりました!指がようやく入るくらいですが。それからアイスを流し込んだ。(アイスって高カロリー!)お粥も食べたし、熱も平熱になったし一安心かな。普通はこんなに大変なんでしょうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

親知らず

親知らずを抜きました。それも1泊入院手術台で・・・。局所麻酔+静脈麻酔です。ひっかかって引き抜けないので歯を分割、そして根がくさび状にしっかり根付いてため、難抜歯になったそうです。麻酔しているのにも関わらず最後は痛かった。麻酔の効きもいまいち弱かった。深い眠りどころか意識はっきり。昨日退院しましたが、その後の腫れと熱にはきついものがありました。水を飲むのも一苦労。予定ではもう一本抜く予定でしたが医師の判断で止めました。正解です。一本でもこんなに苦しいのですから。腫れは引いてきましたが、口が開かない(指も入らない)のと微熱が続いて、いまだ寝ております・・・口が開かないことには食事できないので困っています。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぼくの伯父さん

Ojisan2 1952年フランス ジャック・タチ監督脚本

アカデミー賞・カンヌでも賞を取っている、コメディ作品。台詞無しに淡々と進んでいくお笑いシーンの連続。こっけいなテーマ曲と奇妙な効果音と共に自然と頬の筋肉が緩んでくるほのぼのした感じ。面白さを羅列すると…1952年としては超モダン(近未来的?)な豪邸とユロ(伯父さん)の住む下町のアパート。ユロがそのアパートに帰ってきて、最上階の自分部屋に行くまでのシーンには大笑い。なんと手の込んだ仕掛けでしょう!鍵の隠し場所。小鳥の鳴かせ方。いつも傘を持っている。お客さんが来るたびに噴水の元栓を開けるが、親戚だと止めてしまう。庭でのパーティ。犬のせいでガレージに閉じ込められる。やたらと楽しそうに立ちションする野良犬たち。大人をからかって遊ぶ子供たち。掃きながらおしゃべりに夢中できれいになっているのか分からない人。豪邸や車や工場のモダンさと、下町の庶民生活と人間臭さの対比。なんともお洒落です。ただのコメディでは終わらず、最後にはほのぼのとした結末が待っています。どうもユロ伯父さんの話は他にも2作品ほどありそう。ちなみに写真はモノクロですがカラー作品です。ところで1952年は昭和27年です!当時の日本の人にはかなり驚かされた作品だったのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフオク出品 腰サポータ

P1010002 昔、コブを滑っていた頃に購入したもの。ほとんど使わなかったので処分。モーグルやる人では少し流行ったか??良かったら入札を!(ヤフオク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚丼

060709_1916 自作の豚丼です。醤油ダレ。久々に食べた。おいしかった♪

最近は豚丼専用タレも市販されていますが、どんな味なんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下川入 ポタリング

そろそろ山登りなどして体力増強の時期・・・なのですが、天気もさることながら色々事情があったりして引き篭り状態?今日はガシガシ漕ぐ気が無く、近所の田園地帯をポタリング。怪しい神社を発見したり、巨木や、子供の竹を発見。それと元愛車KP61を発見!苔ているし錆びだらけで、動かしてる気配なし。でもカッコいいいな~

060708_1524 060708_152500 060708_1528 060708_1542

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッポロクラシック

060702_2017 ビール!北海道限定販売のサッポロクラシック。一番おいしいビールだと思っています。夏休み、車で帰省の際は2ケースほど仕入れてくるのですが、近所の酒屋で北海道フェアーみたいなのが、ほんとに、こじんまりとやっていて、そこで発見しました!

で、イングランドVSポルトガル戦を観戦。凄まじい試合でしたね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サッカーにテニス

テレビの修理完了!画像AD変換ボードのトラブル。ボード交換だと2万は越えるらしいが、なんとか13965円3ヶ月保障。サッカー盛り上がっているが、ウインブルドンも始まってしまった・・・忙しい。

そして杉山愛が、センターコートにて、なんとヒンギスに勝った!3年のブランクがあるとは言え、東レではシャラポワに勝った元女王の実力。まあ際どい勝利のようでしたが、ヒンギスの疲れと苛立ちを見抜いたからこそ。しんどい試合だった。こうなると杉山VSシャラポワが見たいな~切手集めが趣味で金髪のひげがかわいい?シャラポワ。応援中。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »