« 吹雪の天狗原 | トップページ | 春のかぐら »

パウダーの雨飾山

4月9日 雨飾山P2  曇り後晴れ ゴータマ シール

本日はブルークリフのツアー。参加者7名ガイド2名。天気予報では夜の雨はあがり朝から晴れ。9時にハイク開始すると曇り。ぱっとしないがパウダーが温存されているので、これはOK。1時間でキャンプ場に着き、沢沿いを詰めて行く。さらに一時間で尾根に出る。以外に気温が低く停まると寒い。時折吹く冷たい風が木に着いた雪を凍ったまま落とし、黄砂で黄色くなったそれはパンくずみたいだ。森林帯を抜けるとP2は目の前。最後の急登。3時間ちょいでP2に。すると空は晴れ渡り、雨飾山ピークがドーンと迫る!そこから北に落ちるシュートなどなど・・・素晴らしい景色が広がる!そして雪はこの時期では有り得ないほどのGoodコンディション。テンション急上昇で一本目から叫びっぱなし!3本目は登り返して尾根沿いに行こうとするが。。。。その北斜面がハイシーズンでも巡り会えないほどの、さらさらスノー。行ってしまいましょう!!当然予定変更です。2本目はスピードを出し過ぎて自爆しましたが、今回は雪の感触を味わいながらのラン。あまりの深みに、なんまら気持ち良くなり、絶叫!!ガイド含めて全員が「雄叫び合戦」。そして西日のなか下山。コンビニで乾杯!今日は景色・滑り・メンバー・その他・・・忘れられない一日となりました。

左上:P2より雨飾山ピーク 右上:北面シュート  左下:ドロップ斜面 右下:2本目 (Photo by F)  BlueCliffReport

1__mini 2_mini 3_1mini 5_2_mini

|

« 吹雪の天狗原 | トップページ | 春のかぐら »

SNOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753384

この記事へのトラックバック一覧です: パウダーの雨飾山:

« 吹雪の天狗原 | トップページ | 春のかぐら »