« 4/23 立山二日目 | トップページ | 鳩待峠 »

4/24 立山三日目

4月24日 小雪&ガス>晴れ(強風)>晴れ ゴータマ

いよいよ最終日。外はガスで視界無し。時折、ミゾレ交じりの雪。7時発で内蔵助行く予定でしたが、視界不良につき断念。予報からもしばらくすれば晴れるのは分かっていましたが待つと時間不足。変わりに一の越からダンボ平へとルート変更。遅めのスタートに切り替え。とりあえず雷鳥荘まで歩き、様子を見る。30分ほどダラッと待っていると、一瞬晴れ間が!で一の越へ向かうと次第に周りの山が見えてきた!素晴らしい景色にテンション急上昇!しかし疲れのせいか?寝すぎ?のせいか頭がボーっとしている。雄山からの稜線上の一の越山荘で休むと物凄い風。ここから龍王岳に向かう頃には空は快晴だが吹き飛ばされそうな風。アイスバーンとなりアイゼンに履き替える。

龍王の肩から広大な沢にドロップイン。広けりゃバーンと大きめで行くでしょ!アイスバーンでどんどんスピードアップ。暴走ともいえるが、疲れた脚で何とかばたつくゴータマを抑え付け耐える。振動と涙で視界がぶれる。怖いほどのスピードで滑りきって、しびれた一本。本人的にはえれー気持ち良かった!2本目はお疲れモード。次は東一の越に向かって登り返し。アイゼンラッセル。振り返ると龍王・鬼岳・獅子岳の間の3つの沢が魅力的。制覇してみたい。それにしても沢が広い!景色に酔いしれる。

そしてタンボ平は長ーい一本。標高差400m距離1000m弱。出だしはアイスバーン。しかし脚が言うこと聞かず、曲がろうとしているのに外脚が外に向いたままノーコントロール。一度停止。沢の下部に落ちるとクラスト湿雪。曲がらなーい!ターンするにはフォールラインに落とす時間を長く取って徐々に曲げていく感じだがスピードが出る。そしてターン後は外脚で踏ん張るのだが、もう腿がパンパン。何度も停まって休憩して辿り着く。ロープウェイ横目に滑るとだんだん粗目になり快適。

最後黒部ダムまではザラメツリーラン。これも最高に気持ちよかった。以上で滑りは終了!最後までなんとか滑りきった。最後はビール目指してスリリングなダム湖半道を歩きつり橋を渡り、トンネルをくぐり、ダムを渡り・・・良きメンバーとガイドと乾杯!充実充実の3日間でした!!

左:雷鳥荘にて待機 右:一ノ越を目指す 中左:一ノ越山荘から龍王岳に向けて 中右:龍王の肩からドロップ  左:タンボ平ロングラン 右:タンボ下部 下左:つり橋 下右:黒部第4ダム  ブルークリフレポートも見てください。

_small_18 _small_19 _small_20 _small_21 _small_22 _small_23 _small_24 _small_25

|

« 4/23 立山二日目 | トップページ | 鳩待峠 »

SNOW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753395

この記事へのトラックバック一覧です: 4/24 立山三日目:

« 4/23 立山二日目 | トップページ | 鳩待峠 »