« 大渚山 その2 | トップページ | ビーコン  ピープスDSP »

白馬乗鞍

3月5日 栂池~天狗原~白馬乗鞍 快晴  -5℃(天狗) ゴタマ シール

栂池のロープウェーの運行開始は一週間延期されましたが、沢山の人がハイクしていました。その中には昨日、大渚山で会った人やガイドさんもいたりして何度か会話を交わしました。だいぶ慣れた感じで2時間ほどで天狗原。相変わらずの強い日差しで顔が焼けまくりですが、意外と寒い。

天狗原では風が強く、休憩もそこそこに白乗東斜面へ取り掛かります。どうも朝より風が強くなってきたようです。すでに何人も登っており、昨日のシュプールも数多くあります。南斜面でスラフが起きていたので、こちらも同じ状態と予想。斜面に向かって右手の急斜面下は要注意と判断。そして滑った後もなし。シールの感触を確かめながら登っていきます。ふと顔を上げると、その注意地帯をスラフと共に滑り降りるスキーヤーが・・・音もなく流れるスラフはスキーヤーよりやや速く、やがて雪煙に包み込まれる。スラフが停まると、スキーヤーは無事向こう側に逃げていました。ちょっとびっくり。急斜面直下にトラバースで入り滑り出したときに上から崩れたようです。ちょっと掘って見ると20cmぐらいにザラメ状の弱層。

山頂に近づくにつれ風が強くなり、岩陰でドロップ準備。気温-10℃ですが強風で体感温度はもっと低い。風で叩かれた山頂付近を流して、一段落としたところから気合の滑り。最初の数ターンはウインドクラスト気味でしたが後半はいい感触の雪!スピードを乗せてロングターン。イエーイ!昨日に次いで会心の滑りを味わう。何度も振り返り、自分のシュプールを確かめながら下山するのであった。

写真(byF)  左:白乗東斜面  右:スラフ  下:滑走

_small_9 _small_10 4_mid

|

« 大渚山 その2 | トップページ | ビーコン  ピープスDSP »

SNOW」カテゴリの記事

コメント

人が流されるところは初めて見たのでびびった~。ハイク前に「あそこ危ないよな」と話していたのが当たりだったね。
そーいえば、コウちゃん向かった方面は雪質どーだったのかな?

投稿: furu | 2006年3月 7日 (火) 23時09分

投稿: miyazi | 2006年3月 7日 (火) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753356

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬乗鞍:

« 大渚山 その2 | トップページ | ビーコン  ピープスDSP »