« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

さくら満開

V6010029 満開ですねー!

でも・・・それどころではありません!寒波到来!えらい降っております。山頂では50cmパウ確実!!テンション急上昇~気合十分!V6010030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新井田孝則

音楽家(ドラム)としてNYで活躍中の新井田孝則のHPとコラムをリンクしました。名前、覚えておいてください。高校卒業後すぐに渡米しました。なぜなら日本では育たないと判断したからです。今後の展開に期待大!!なおコラムリストには飯島真里の名前があったりして。マクロスの「愛・おぼえていますか」よりは「セシールの雨傘」や「まりん」を思い出したりして・・・余計な話でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三方六

帯広の老舗菓子屋「柳月」を代表する、お菓子。三方六とは暖房用薪の基準寸法「三方六寸」から由来しており、表面のチョコのまだら模様は白樺の幹をイメージ。バームクーヘンにチョコがコーティングされているだけ・・・なんて思ってはいけません!年輪を感じさせるバームクーヘンはしっとりとしており、チョコの甘さと溶け合って何とも上品な味。こんなのが自分の生まれる前から作られているとは・・・恐れ入ります。子供の頃に食べた記憶もあります。詳細は柳月のHP内、柳月物語をご覧あれ。060320_105801 060321_121901 Story04_img2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニセコ雪崩情報&北アルプス北部雪崩情報

060313_0944 ニセコでは毎日雪崩情報が出されいます。それはHPや各スキー場のリフト降り口などに張り出されています。これは新谷暁生氏のボランティアによるものです。毎朝7時には発信されるので入山する前に確実に入手できますし、内容が分かりやすく具体的です。これらの努力でニセコローカルルールが制定されたのです。今年からはBCエリアへのゲートをはっきり作ることで、スキー場とのあいまいな境目を排除し、BCエリアに踏み入れる事は自らリスクを負うことを自覚できるようになりました。そして先日のニセコでこれら雪崩情報の他に、積雪層分布が書かれているのにビックリしました(写真下部)!!要するに縦が深さで横線が積雪層の境目。各層はたとえば「こしまり」「しもざらめ」など。かなり詳しいです。

白馬や小谷でも北アルプス北部雪崩情報が発信されています。ただし、どういう見方をして、どう役立てればいいのか理解できずにいます。

ちなみに新谷暁生氏は高校のかなり上の先輩であることが発覚!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセコ雪崩情報&北アルプス北部雪崩情報

060313_0944 ニセコでは毎日雪崩情報が出されいます。それはHPや各スキー場のリフト降り口などに張り出されています。これは新谷暁生氏のボランティアによるものです。毎朝7時には発信されるので入山する前に確実に入手できますし、内容が分かりやすく具体的です。これらの努力でニセコローカルルールが制定されたのです。今年からはBCエリアへのゲートをはっきり作ることで、スキー場とのあいまいな境目を排除し、BCエリアに踏み入れる事は自らリスクを負うことを自覚できるようになりました。そして先日のニセコでこれら雪崩情報の他に、積雪層分布が書かれているのにビックリしました(写真下部)!!要するに縦が深さで横線が積雪層の境目。各層はたとえば「こしまり」「しもざらめ」など。かなり詳しいです。

白馬や小谷でも北アルプス北部雪崩情報が発信されています。ただし、どういう見方をして、どう役立てればいいのか理解できずにいます。

ちなみに新谷暁生氏は高校のかなり上の先輩であることが発覚!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャシャーン

20040406002fl00002viewrsz150x_2 キャシャーン。全編、CGを多用した刺激的な映像。原作とは違う内容となっており、反戦・ベトナム映画を思い出させた。漫画を無理やり現実的なものにした歪があるが、独特の映像観は楽しめる。色々酷評もされているが、何か心に残る事があるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャシャーン

20040406002fl00002viewrsz150x_2 キャシャーン。全編、CGを多用した刺激的な映像。原作とは違う内容となっており、反戦・ベトナム映画を思い出させた。漫画を無理やり現実的なものにした歪があるが、独特の映像観は楽しめる。色々酷評もされているが、何か心に残る事があるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休養日

060325_1639_30909etc_1 今週は滑りに行きたかったのですが、金曜は仕事の帰りが遅かったのと、疲れが溜まったので休養。ぶらっと、先日OPENしたスーパーオートバックスへ。D1車両勢ぞろい。右端は何とベロッサ!自分のHP10もこっそり写っています。しかし今回の目的はこれ ETC即時発行機で、オートバックス主要店舗に設置。これで2枚目のETCカードを作ろうとしました。が既に発行済みでダメでした。やはり同一クレジットカードでは2枚目は作れないようです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休養日

060325_1639_30909etc_1 今週は滑りに行きたかったのですが、金曜は仕事の帰りが遅かったのと、疲れが溜まったので休養。ぶらっと、先日OPENしたスーパーオートバックスへ。D1車両勢ぞろい。右端は何とベロッサ!自分のHP10もこっそり写っています。しかし今回の目的はこれ ETC即時発行機で、オートバックス主要店舗に設置。これで2枚目のETCカードを作ろうとしました。が既に発行済みでダメでした。やはり同一クレジットカードでは2枚目は作れないようです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月のパウダー

3月19日 天狗原 吹雪 -10℃ ゴータマ シュー

060319_1456 予報では冬型が強まり雨から雪。夜中は雨も雪も降らなかったみたいだが、宿を出る頃は雪が舞い降りてきた。山の上は雪&風と予測。雪の湿り具合は不明だがそこそこ積もっているであろう。昨日沢山の人を運んだヘリスキーは当然中止。なんとかロープウェイも動き天狗原へ向かう。寒い。雪が降りつける。やはり20cmほどの湿った積雪。登り始めると3つくらいのパーティと重なったので、ペースとラインを外す。それにしても昨日に引き続き調子不良。足が重くて前に出ない。手に力が入らない。目指す斜面に取り付く。雪質が変わってきた!パウダーだ!しかし吹雪。時折、強風で体が倒れそうになる。稜線手前の休憩場でドロップインとする。(もったいない気がしたが、上に出ればさらに風が強いであろう。)視界が開けたタイミングで滑り出す。20パウ!一瞬吹き溜まりに入り、半フェイスショット!あっという間のランでしたが。いい雪があるのに下山。ジレンマに陥る・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月のパウダー

3月19日 天狗原 吹雪 -10℃ ゴータマ シュー

060319_1456 予報では冬型が強まり雨から雪。夜中は雨も雪も降らなかったみたいだが、宿を出る頃は雪が舞い降りてきた。山の上は雪&風と予測。雪の湿り具合は不明だがそこそこ積もっているであろう。昨日沢山の人を運んだヘリスキーは当然中止。なんとかロープウェイも動き天狗原へ向かう。寒い。雪が降りつける。やはり20cmほどの湿った積雪。登り始めると3つくらいのパーティと重なったので、ペースとラインを外す。それにしても昨日に引き続き調子不良。足が重くて前に出ない。手に力が入らない。目指す斜面に取り付く。雪質が変わってきた!パウダーだ!しかし吹雪。時折、強風で体が倒れそうになる。稜線手前の休憩場でドロップインとする。(もったいない気がしたが、上に出ればさらに風が強いであろう。)視界が開けたタイミングで滑り出す。20パウ!一瞬吹き溜まりに入り、半フェイスショット!あっという間のランでしたが。いい雪があるのに下山。ジレンマに陥る・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金山沢

3月18日 金山沢  晴れ>曇り>雨 ゴータマ シール

ブルークリフツアーに参加。栂池ゴンドラ乗り場に8時半集合。運行が始まったロープウェイを使う。始発は激混みだったらしいが、我々が乗る頃は空いていた。初めは自然園を横切る平坦な道のり。暑い・・・気温10度以上はあろうか?汗だく。総勢12名+ガイド3名。今日はハイクが辛い。心拍がいつもより高く収まらない。標高が高いせいもあるが、体が本調子ではないのであろう。ペース上がらず。急になってくると立ち止まる回数が増えていく。いよいよ稜線が間近に見えてきた。ここから船越の頭を目指すが急登になるので行ける人が行けるところまで。ドロップリミットを13時前に。ゆっくり自分のペースで登っていく。しかし空が暗くなり始め、フラットライトがひどくなったりガスらないうちにドロップインすることになった。残念ながら稜線までは行けなかった。滑ってみるとクラストもなくやや湿った走る雪。ぎこちなくスピードに乗せていくが雪質が重い雪に変わり、いきなり板がはじかれて顔面から突っ込む・・・ゴーグル死亡。自信喪失。2本目も気合を奮い立たせて行くが、プチデブリ地帯で減速できず、またいきなり脚をすくわれ前転・・・3本目は地に足が付かない状態でおそるおそる。今日はいい所がない。長い林道を降りていくと、稜線からガスが降りてきた。ナイスタイミングでドロップした。二股に着く頃には雨。。。

060318_0808 060318_1449

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金山沢

3月18日 金山沢  晴れ>曇り>雨 ゴータマ シール

ブルークリフツアーに参加。栂池ゴンドラ乗り場に8時半集合。運行が始まったロープウェイを使う。始発は激混みだったらしいが、我々が乗る頃は空いていた。初めは自然園を横切る平坦な道のり。暑い・・・気温10度以上はあろうか?汗だく。総勢12名+ガイド3名。今日はハイクが辛い。心拍がいつもより高く収まらない。標高が高いせいもあるが、体が本調子ではないのであろう。ペース上がらず。急になってくると立ち止まる回数が増えていく。いよいよ稜線が間近に見えてきた。ここから船越の頭を目指すが急登になるので行ける人が行けるところまで。ドロップリミットを13時前に。ゆっくり自分のペースで登っていく。しかし空が暗くなり始め、フラットライトがひどくなったりガスらないうちにドロップインすることになった。残念ながら稜線までは行けなかった。滑ってみるとクラストもなくやや湿った走る雪。ぎこちなくスピードに乗せていくが雪質が重い雪に変わり、いきなり板がはじかれて顔面から突っ込む・・・ゴーグル死亡。自信喪失。2本目も気合を奮い立たせて行くが、プチデブリ地帯で減速できず、またいきなり脚をすくわれ前転・・・3本目は地に足が付かない状態でおそるおそる。今日はいい所がない。長い林道を降りていくと、稜線からガスが降りてきた。ナイスタイミングでドロップした。二股に着く頃には雨。。。

060318_0808 060318_1449

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くら吉

060313_1644_1 新発寒の下手稲通り沿いにあり。味噌ラーメンをいただく。5種類の味噌がブレンドされているというトンコツベースのスープはとろみがあり、麺にしっかり絡む。こってりとした味噌のなかの味噌。元祖味噌の「三平」のスープがあっさり味と思える。麺は普通。好きな味でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くら吉

060313_1644_1 新発寒の下手稲通り沿いにあり。味噌ラーメンをいただく。5種類の味噌がブレンドされているというトンコツベースのスープはとろみがあり、麺にしっかり絡む。こってりとした味噌のなかの味噌。元祖味噌の「三平」のスープがあっさり味と思える。麺は普通。好きな味でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サッポロテイネ

3月14日 曇り  -5℃ ゴータマ

旧テイネハイランドへ。家から15分弱、着けば運行開始。寒い。人少ない。誰もいないゲレンデをかっ飛ばすのは超超気持ちいーい!そのままグルーミングされた女子大へ・・・なまらスピード出す!というか抑えきれない。脚プルプル。滑降の選手は大変だなー。疲れるので斜度の緩い方へ・・・でも止まらずかっ飛ばすので疲れる。ゴータマも乗りなれてきた。ロープウェーに乗る。やはりみんな降りて右に行くので付いて行く。ここも黄砂の乗ったカリカリ層の上に薄い新雪。スラフは流れないので雪のあるところ選んで滑るが底付き。次に沢。雪は残っているがボコボコしている。出だしは40度あるか。滑ると・・・下はデブリだ・・・ここはその名の通り細い沢(V)。悪天候でBCは出来ませんでしたが空いているゲレンデを満喫した北海道巡業でした。

060314_0942 060314_0945_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッポロテイネ

3月14日 曇り  -5℃ ゴータマ

旧テイネハイランドへ。家から15分弱、着けば運行開始。寒い。人少ない。誰もいないゲレンデをかっ飛ばすのは超超気持ちいーい!そのままグルーミングされた女子大へ・・・なまらスピード出す!というか抑えきれない。脚プルプル。滑降の選手は大変だなー。疲れるので斜度の緩い方へ・・・でも止まらずかっ飛ばすので疲れる。ゴータマも乗りなれてきた。ロープウェーに乗る。やはりみんな降りて右に行くので付いて行く。ここも黄砂の乗ったカリカリ層の上に薄い新雪。スラフは流れないので雪のあるところ選んで滑るが底付き。次に沢。雪は残っているがボコボコしている。出だしは40度あるか。滑ると・・・下はデブリだ・・・ここはその名の通り細い沢(V)。悪天候でBCは出来ませんでしたが空いているゲレンデを満喫した北海道巡業でした。

060314_0942 060314_0945_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセコ・東山

3月13日 吹雪 -10℃以下 ゴータマ

060313_1047 早々に引き揚げ次は一年ぶりに東山へ。狙いはもちろんリミテッド。ゴンドラはかろうじて徐行して動いているが山頂まで15分かかっただろうか。今日は西よりの風であるためヒラフより風が強い。時折、何も見えなくなったり晴れ間が覗いたりする。人は少ない。ちょっとハイクしてリミテッド1へ。誰もいない。滑ると例のクラストがガリガリ気味の所と、吹き溜まりには上質のパウダーが・・・クラストはその時の黄砂で色が付いているので分かり易い。白いところを選んで滑ろうとするが、うまくつながらない。ペアリフトで何本か回してみる。ゴンドラは運休してしまい、吹雪のゲレンデにはほとんど人がいない。どうもヒラフに集中しているようだ。このあとモイワを見てきたが、リフト全運休。ということは明日は溜まっているか?

写真は実家の20万kmのP11。ホイルアーチに沿って雪が凍ってしまい、ハンドルが切れません。・・・あとコーナーも良く流れます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニセコ・東山

3月13日 吹雪 -10℃以下 ゴータマ

060313_1047 早々に引き揚げ次は一年ぶりに東山へ。狙いはもちろんリミテッド。ゴンドラはかろうじて徐行して動いているが山頂まで15分かかっただろうか。今日は西よりの風であるためヒラフより風が強い。時折、何も見えなくなったり晴れ間が覗いたりする。人は少ない。ちょっとハイクしてリミテッド1へ。誰もいない。滑ると例のクラストがガリガリ気味の所と、吹き溜まりには上質のパウダーが・・・クラストはその時の黄砂で色が付いているので分かり易い。白いところを選んで滑ろうとするが、うまくつながらない。ペアリフトで何本か回してみる。ゴンドラは運休してしまい、吹雪のゲレンデにはほとんど人がいない。どうもヒラフに集中しているようだ。このあとモイワを見てきたが、リフト全運休。ということは明日は溜まっているか?

写真は実家の20万kmのP11。ホイルアーチに沿って雪が凍ってしまい、ハンドルが切れません。・・・あとコーナーも良く流れます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニセコ・ヒラフ

3月13日 雪⇔吹雪 -10℃ 20パウ ゴタマ

060313_1036_2   昨日の感じから軽い雪が降り積もっているが風が強くリフトが動くか?という予想でニセコに向かう。2時間半。8時半の運行開始にはゴンドラに長蛇の列。遅れた。ゴンドラの中でははやる気持ちを抑えれず。今日はいつもと趣向を変えて、いきなりプチハイクのある見晴らしへ。ツリーが気持ちいいが思ったほど積もってはいない。けど軽いパウダー!次はノーネームへ。雪はたっぷりだが板が走らず。そう、ゴータマはこの軽いパウダーでは滑らない!(正月もそうだった)そして雪の中ではトップの太さが災いして抵抗になって失速。最上部のキング9が動き出し、タイミングよく5番手。20~30パウはあるが、やはり走らず・・・不発。平日だというのに大賑わい。若いボーダーたちがトラバース&横滑りのへっぽこな滑りで(失礼)、ギタギタにしていく。もうこの山も終わりだな。昔は半日回せたのに・・・。そうやはりゲレンデの半分はオージーでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセコ・モイワスキー場

3月12日PM  ニセコ・モイワ 雪 風強し  ゴタマ

12時。気温も下がり、いい粉雪が舞っています。ブーツも一件落着ということで、ツリーが楽しめるということで気掛かりだったモイワへ。大昔、小学生の頃に行ったきり。確かコブ斜が楽しかった記憶が。リフト2本のローカルスキー場。日曜だというのに人がいません!先ほどのチセよりいません!大丈夫か?4時間券も破格の2500円。フードつきリフトに乗ると目指すツリーが見えました。滑ってみると、これが良い!適度な間隔で生えていて間にオープンスペースがあったり。斜度もいいし、幅もたっぷり。軽いパウダーが降り続いているので、滑れば滑るほど雪が良くなっていく!(滑る人も少ないし)ここもサンクラストしていましたが、結構雪が覆いかぶさり楽しめました。思わず3時間ぶっ通し!木が密じゃないから飛ばせるし、ライン取りも楽しい。深いと楽しいだろうな~

ニセコもですが帰り道の赤井川(キロロ方面)はものすごい軽い雪が大量に降っていました。寒波到来です!!

写真(携帯なので画質悪)

060312_1005 060312_1352 060312_1523

| | コメント (1) | トラックバック (0)

チセヌプリ 敗退

3月12日 ニセコ・チセヌプリ  雪~吹雪  ゴタマ シール

天気はあいにく雪。雪秩父温泉そばのチセヌプリスキー場から。リフト一本のローカルな所ですが、山に入る人、自衛隊(スキー練習)で賑わっていました。250円を払い乗車。降りてみたものの取り付き場所わからず、もちろん目指す山も見えず。832地点なので北に向かって行けばいいのですが・・・後続の人の様子を見ました。では登ってみます。ツアーの団体がいます。その他、数グループがいますが、そのうち見えなくなりました。斜面はサンクラストした上に降り続いている粉雪が所々に溜まっている状況。1000m手前で吹雪となり、悩んだ挙句、一人で初めての山で視界無しは心細いので引き返すことにしました。おまけに足外がブーツに当たって痛い!なんで?下山してインナーを出してインソールとか観察すると・・・あ!インナーが左右逆です。コルクのウエッジプレートが外高になってしまっている。そしてインソールは正常・・・あべこべです。(写真なし!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斎と広重展

060311_133200 映画を観ようと思ったのですが、チケット売り場の長蛇の列に閉口。ロフト7Fの赤れんがホールで昨日より開催された「北斎と広重展」へ足を運んだ。北斎の「富嶽三十六景」は独特の描写と色合い、広重の「東海道五十三次」はより写実的で人物は漫画的な描写もあったりして、見比べると色合いやぼかし加減など違うものだなと。北斎の荒波、広重の黄昏や雪の風景など、思わず戻ってみてしまうほど。ところでお茶漬け海苔を思い出したのはおかしい事でしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時計台

実は初めて時計台の中に入りました。入館料200円。1階は農学校や時計台の当時の様子や生い立ち。2階は演舞場(=時計台)の講堂を再現。開拓の土地、札幌を再認識。特に時計台の”時計”の精巧な構造、鐘をならす仕組み。ジーっと見入っていました。米国ハワード社製。120年も主要部品を交換することなく動き続けているとは・・・振り子と鐘は、おもりの力で動かしていて、それぞれ50kgと150kgのおもりは木箱に入れられた豊平川の石だそうです。石を使う理由は、万一落下してもおもりが分散することで建物へのダメージを減らす為だそうです。素晴らしいリスク回避の思想。

写真 時計台、2階、時計(同じハワード社製の時計が復元展示)

060310_134500 060310_1532 060310_1523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道

060310_1225_1 北海道に飛びました!4泊5日で45000円のフリープランです。 飛行機はいつものAIR DO 道民割引にて。北海道も春です。明日は雨のようです・・・お腹が空いたので札幌でまずは「味の三平」で味噌ラーメンを食べました。14時だとガラガラ。腰のある太ちぢれ麺。変わらぬ味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーコン  ピープスDSP

060124_2233_1 060124_2234_2  BC(バックカントリー)に必要な3種の神器のひとつ。ビーコンがなければ雪崩に埋もれた人を助け出せないし、助けてもらえない。安価・長受信距離のアナログビーコン、高価・探索が容易であるがやや受信距離が劣るデジタルビーコン。ここはBC滑走日数、練習の機会が少ない(アナログは練習が必要。特に複数捜索)事を考慮して、高価ではあるがトリプルアンテナで迅速・確実な捜索が可能なPIEPS・DSPを選択。最高?の性能の変わりに、最高の値段・・・・しかし捜索は矢印に沿っていくだけの簡単さ。とは言っても定期的に捜索練習したいものです。2006年度にモデルチェンジしたキャリングケース付き。ボディは体にフィットするように湾曲しています。なお付属のDVDは実際の捜索風景を再現していて、とても参考になります。しかし、一生使うことが無いことを願います。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬乗鞍

3月5日 栂池~天狗原~白馬乗鞍 快晴  -5℃(天狗) ゴタマ シール

栂池のロープウェーの運行開始は一週間延期されましたが、沢山の人がハイクしていました。その中には昨日、大渚山で会った人やガイドさんもいたりして何度か会話を交わしました。だいぶ慣れた感じで2時間ほどで天狗原。相変わらずの強い日差しで顔が焼けまくりですが、意外と寒い。

天狗原では風が強く、休憩もそこそこに白乗東斜面へ取り掛かります。どうも朝より風が強くなってきたようです。すでに何人も登っており、昨日のシュプールも数多くあります。南斜面でスラフが起きていたので、こちらも同じ状態と予想。斜面に向かって右手の急斜面下は要注意と判断。そして滑った後もなし。シールの感触を確かめながら登っていきます。ふと顔を上げると、その注意地帯をスラフと共に滑り降りるスキーヤーが・・・音もなく流れるスラフはスキーヤーよりやや速く、やがて雪煙に包み込まれる。スラフが停まると、スキーヤーは無事向こう側に逃げていました。ちょっとびっくり。急斜面直下にトラバースで入り滑り出したときに上から崩れたようです。ちょっと掘って見ると20cmぐらいにザラメ状の弱層。

山頂に近づくにつれ風が強くなり、岩陰でドロップ準備。気温-10℃ですが強風で体感温度はもっと低い。風で叩かれた山頂付近を流して、一段落としたところから気合の滑り。最初の数ターンはウインドクラスト気味でしたが後半はいい感触の雪!スピードを乗せてロングターン。イエーイ!昨日に次いで会心の滑りを味わう。何度も振り返り、自分のシュプールを確かめながら下山するのであった。

写真(byF)  左:白乗東斜面  右:スラフ  下:滑走

_small_9 _small_10 4_mid

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大渚山 その2

3月4日 大渚山 快晴 ゴタマ シール

本日は毎度お世話になっているブルークリフのツアーに参加。目的地は2度目の大渚山。そして下に車をデポしていく作戦。今回はトレッカー+シールで参戦しました。雪が浅いこともあって快調にハイクアップ。すぐに鎌池。天気が良すぎ!そして湯峠。雨飾山が眩しい~。今日は多さんの人が入山しています。みんなのんびりムードで春を感じました。さていよいよ山頂直下の東斜面に取り付きます。おっと出来立てのスラフがあります。一緒に流されてしまったのでしょうか?登り返している人がいます。山頂付近は意外と寒く、トラバースも困難とのことで一歩手前の雪庇からドロップイン!スラフの横のラインをとります。浅めで少し抵抗を感じる重さですがクラストもなく・・・というか板が走る!加重を掛けた後の跳ね返りが強い!瞬く間にスピードが出て・・・行ってしまえ~!バランス取りで手が泳いでしまいました。

2本目はグランド(田んぼ)に落ちる斜面。稜線上を気持ち良く飛ばせました!声が出てしまいました~。久々に会心の一本。メンバーとも楽しく話が出来て、今日はいい一日だったと山を見上げながら思いました。

写真(by F)  左:ハイクアップ  右:大渚山東斜面

Photo_11 Photo_13

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »