« 五竜 | トップページ | POWER90 その1 »

五竜

Small__1 2月5日 曇りのち晴れ&強風 -15℃ ゴータマ

本日もブルークリフのワンディツアーに参加。天気は曇りで冷えている。今日は47より五竜へ。リフトの運転開始を待ってのんびりと出発。しかし上部リフトは強風で今にも停まりそう。しかもひどく冷たい。強風の中、BCに入っていくが視界も無く、時折突風で倒されるほど・・・(太い板はなおさら?)稜線に登る事も出来ず史上最短のハイクでドロップイン。これが大魔王伝説の始まりとは・・・

斜面に入ると風は無くなり、みごとなノートラックバーンが・・・一人滑ると、その深さに一同テンション急上昇!雄叫びが響き渡るー!滑ると40パウ、いやそれ以上か?しかもいつになく軽い!常に胸にぶち当たる雪。そして深みにトップを落とせば、頭を超えて全身に降り注ぐ雪。下部はツリーランとなり起伏もあるので飛んだり潜ったり雪浴びまくりで楽しい!自然に声が・・・「ウオ~!」「イエイ~!」。会話になっていません!メンバー全員狂喜乱舞!ヤバイです。そしてエスカルプラザで休憩した後(全員雪まみれでニコニコした変な集団でした)、2回戦へ突入。しかし五竜はゴンドラストップでシャトルバスで47へ。しかし上部リフトは停まってしまったので、ゲレンデハイク。相変わらず風は強いが天気は晴れ。そしてさらに雪が軽くて斜度もある大魔王斜面へ・・・ひとり、またひとり奇声が谷間にコダマするのでした・・・最後は思いっきり飛ばしました!あまりの快感に何がなんだか分からない状態でした。ガイド含めて?メンバー全員が妙なテンションになり、最高に楽しい一日でした!ビールでしめ!ブルークリフのツアーレポートにその様子が。

|

« 五竜 | トップページ | POWER90 その1 »

SNOW」カテゴリの記事

コメント

激ヤバ!でしたねぇ。2回戦は「赤い奴」をだすべきだっかも、ちょっと後悔。
あと、朝のリフト運転開始待ちの合間にトイレを詰まらせてあせっていたのは秘密だ。

投稿: furu | 2006年2月 8日 (水) 20時18分

次回は赤い奴をファーストランで借りようかな~
コルチナのランチバイキングと夜のレバ刺し・げそ・明太やっこ・寒ぶりが出た?食べすぎ!

投稿: miyazi | 2006年2月 8日 (水) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753337

この記事へのトラックバック一覧です: 五竜:

« 五竜 | トップページ | POWER90 その1 »