« 稗田山レース | トップページ | 五竜 »

稗田山レース

Small_ 2月4日 曇り 積雪40cm -5℃以下 ゴータマ

寒波到来。冬将軍到来。西高東低。またやってきました。事前アメダス確認では小谷で積雪30。いつにない寒さで白馬に入ると-8℃。軽い雪が舞っている。まるで北海道。朝の山頂は-15℃。今日はコースOPEN。8時過ぎリフトに並ぶ。8時半に運転開始。ほとんどの人が滑らずにそのまま二つ目のリフトに並ぶ。10番手キープ。9時運転開始だが、雪崩などのコースチェックで待たされる。もちろん誰も文句は言わない。20分経つと体が冷え切ってトイレも行きたくなって辛い。40分は以上は待っただろうか。後ろは50人ほど。運転開始。高まる緊張感。リフトを降りる=ドロップインみたいなもん。降りてすぐ稗田山コースまでの尾根を漕ぐ。冷え切った体と、緊張で力が入らない。みんなノートラックを手に入れるのに必死だ。そして40度の斜面に立ち止まらず飛び込む!軽い!40パウはある!!軽く様子見ターンした後ゴータマをスピードに乗せロングターンに持ち込もうとする・・・とそのとき、左から矢のごとく抜き去っていく奴が!サイコだ!Fには今まで抜かれたことは無いのに・・・カチッとスイッチ入ってチョッカリで追う!しかし変なオーラを出したFは激しい雪炎と共に撃沈・・・(後談:サイコの凄まじい加速に体がついていけなかったそうだ)。すると次にゲンテン2機が並走して左から抜いてくる。ゴータマじゃ勝てない。そして一機は大きくスプレーをあげながらフォールラインに割り込んでくる。その雪煙で視界が遮られ前が見えない。そしてこのスピードで奴のトラックに入ると転倒の危険。一向にターンしないので右に右に避けて林の縁まで追いやられる!マジで頭きた!人のフォールに入るな!600m完走。この後、ジャイアントもいただき。そしてズタズタに荒れた斜面を滑り終了。300円のランチバイキングと風呂で締める。

|

« 稗田山レース | トップページ | 五竜 »

SNOW」カテゴリの記事

コメント

稗田山レースはずっーとおあずけされて一気に解き放たれる瞬間が良い。今回はボーダーの尾根漕ぎと板装着の早さに驚き、テレマーカーの滑走スピードに衝撃を受けたレースだったね~。トップ取れると内心思っていたのだが。。。
次はいつ開催されるのかな?
俺の目標はずばり完走!

投稿: furu | 2006年2月 7日 (火) 01時01分

ゴータマにしてからオープンバーンで満足した滑りがない。なぜだろう?そして膝が弱っている・・・グラグラ気味。

投稿: miyazi | 2006年2月 7日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016793/11753336

この記事へのトラックバック一覧です: 稗田山レース:

« 稗田山レース | トップページ | 五竜 »