« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

栂池

2月26日 雨~雪 ゴータマ シール

朝起きると、湿った雪が降り続いている。夜のうちに5cmほど積もったようだ。栂池より林道をハイクする。早大小屋辺りからヒヨドリ尾根へツリーの中を登ってみる。だんだん気温が下がってくる。尾根に出ると雪混じりの風が強く顔が痛い。尾根沿いを天狗原の方に行こうとするが、次第に雪風も強くなり木の間で吹き溜まりとなった雪が邪魔だったので諦める。それに濡れた衣類が凍ったりして不快。雪質をチェックすると固い氷層の上に昨晩からの新雪20cm。クリィミィパウダー20。滑るとアイスが出てたり吹き溜まりだったりで滑りづらい。あっという間に下山。そしてゲレンデが一番疲れる・・・ベースは雨。なにもかもびしょ濡れ・・・Photo_10 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒菱

Photo_9 2月25日 八方 晴れ  ATOMIC arcAMBITION

体調悪く、朝7時出発。昼からゲレンデを滑ることにする。今シーズン初めてカービングスキーを出した。しかし白馬は相変わらずの固いバーン。スキーの固さに体が付いていかない・・・しかも体に力が入らない。最後は封印しているコブ滑りを黒菱にて。膝を痛めてから、せいぜい日に2、3本くらいとしている。固かったけど、膝を抱え込む感じ、トップから落としていく感じ・・・はまると気持ちよい!兎も滑る。まだまだイケルじゃん!?昔は兎平も黒菱も一日滑っていたのだが・・・結局、気持ちよいカービングターンは一度も決まらず。スゴスゴと退散。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八方無名沢での修行

2月19日 八方無名沢 快晴 ゴータマ スノーシュー

_small_8 今日はブルークリフのツアーに参加。八方池山荘から稜線をハイク。例によってカリカリで すが、今日は珍しく無風快晴!2時間ほど歩いて2361を目指しますが、手前の急登であまりにもカリカリに凍っているために断念。ここでドロップイン。ですが沢底に溜まっている雪はクラストしており、スキーではまともに滑れません。頑張りましたが転びました。クラスト、エッジの効かない氷・・・刻々と変化する雪質で、いかに転ばず安全に降りるか。厳しいときは後傾で長く回していくので、太ももがパンパンに・・・うまく滑れません。修行です。下山ルートの沢底はデブリだらけ。滝を越えデブリをかき分け、ようやく安全ポイントへ。押出沢とガラガラ沢を眺めながら休憩です。修行の2日間でした。

_small_4 _small_5

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天狗原での修行

2月18日 天狗原 快晴 -5℃ ゴータマ(トレッカー+シール) 

白馬に雪なし。しばらく温暖で雨が降って週末冷え込む・・・・ガリガリ注意報。今日はハイク修行という事でシール登行の練習。栂池上部より、林道をテクテク歩きます。トレッカーだからでしょうか、鉛を引いてるようで足が重い。暑いです。栂池小屋より本格的に登ります。クラストした雪面ですが直登で登れるし細かいピッチでグリップを確かめながら歩いていくと・・・・スノーシューよりは楽かな。途中でシューのF氏と足元を交換。スキーを担いでシールで登ってもらいました。借りたMSRはTSLにはない横方向の動き(自由度)があるので歩くのが楽。トラバース気味でも足首が無理に曲げられることがない・・・と言えば分かるでしょうか?

さて雪もないし、時間も遅いので白乗(白馬乗鞍)は登りません。何人か滑っている人がいましたが。沢底に溜まっている雪を一応狙いますが、先行者が苦労していたのは確認済み。思い切って飛び込むと、やはりクラストしていて非常に危険!曲がらないし足取られます・・・思い切り後ろに体重を掛け大きなターンで逃げます。が、かなりの体力消耗です・・・続くF氏は最初のターンでハイサイドをくらい、スキーももげて転倒!精神的ショックを受けたそうで、なかなか降りてきません。すっかり疲れてしまいゲレンデもやっとの思いで下山。予想以上に疲れてしまい、明日のツアー大丈夫か?

夜は八方火祭りでたいまつ滑走と花火。宿の便所から眺めてました(笑)

写真左:白馬乗鞍 右:天狗原滑り出し (Photo by F)

_small _small_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道に行きたい!

最近写真が少ないので、お正月の写真ですが。060105_112000 樹氷と緑のリフト・・・そうですテイネハイランドの北壁です。この景色と北壁コースのハードさを見るとワクワク感で一杯です。当時、この三人乗り高速リフトは最新鋭のすごいリフトでした!

今週も白馬です(先週は休みましたが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライトプラン

フライトプラン 

え?終わっちゃった・・・が感想。特に劇的な展開もないし、なんとなく終わった感じ。アクション物は難しいですね。観客は次々とアッと驚く展開を期待してしまいます。ジョディ・フォスターは文句なし!ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドロミテ ST-S

060212_1750 060212_175000 現役引退しているドロミテST-S。ブーツの加工だけではカント調整が間に合わない為、インナーブーツとアッパーシェルの間にスペーサー(赤と白の物体)を挟み込んでいます。それに伴い、当りがきつくなるところを2箇所シェル出し(指差し部分)。そして現在POWER90でも使いまわしている、インソールカント(コルク製ウエッジプレート)とシダスインソールなどで、29300の改造費。手間の割には結構安いと思います。以上のチューンアップはJ-HOUSEにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子モーグル決勝

きましたね!ミッコの全開アタックは失敗のほうが多かったので、予想には挙げていなかったのですが・・・・見事な滑り!初めてミスのない全開モードを見ました!まさに爆発!グラブの720もカッコよし!

トビーも同様。気迫の滑りです。あの低く構えた姿勢は最高です!

そして金のベイル。見た目は二人よりアグレッシブさは感じられませんが、背筋がビンっと立ったスタイリッシュなうまさ!ランディングのいわゆるビタ着は素晴らしい!

とゆうわけで、芸術的なうまさがアグレッシブな滑りを上回った感じですね。ジェレミーはやはり乗り切れなかった。ヤンネも全盛期の調子ではないです。とにかく眠いです・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

モーグル男子予選

トリノオリンピック。先ほど終わりました。EASYなコースでややつまらない感じがあります。しかも湿雪。附田は残念でした。いつもの悪い癖が出ました。ターンは独特のスタイルでカッコいいのですが、少しスピードに欠けてました。

順位は予想できないですね。メダルはデイルとジェレミーとトビーかな?デイルは安定している(昨シーズンは不安定だったのに)のでミスらなければ表彰台。ジェレミーは安定しているが、金を取るには昨シーズンレベルの早さ高さを出せるか。トビーは爆発すれば・・・(あの攻撃的で暴れているようなターンは好きです)。ヤンネはラップ取る超高速ターンでくるでしょう。あとはキャブロウとモレーがどこまで攻めてくるか。いずれにしても、のるかそるかのハイスピードターン&ブッ飛びエアの争いになるでしょう!!注目はカナダ・アレックスの1080でしょう!ひょっとするとメダルかもー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォルクルのゴタマ その1

060212_1956 フォルクルのゴタマ。130-105-122とセンター100超えのファットスキー。ツインチップで長さ183cmで、R29.4(長さはチップ部分も入っているので実際の接雪長は180切る)。パウダーでより早く、安定した、長めのターンをイメージして今期新調したのだが・・・どうも違う。もちろん浮力はある。だがオープンバーンでスピードに乗せた大き目のターンをしようとすると・・・まずスピードが乗らない。スピードが無いのでターンの導入がうまくいかない。ターン中も切れる感じはなく加速もしない。太すぎて抵抗になっているのだろうか?場合によっては直滑降でも加速しない。長さが足りないのか?

その反面、見た目とは裏腹にツリーのような所は楽しい。ターンのきっかけに起伏を利用してやると、小回りも自由自在。太さゆえに溜まった雪に突っ込んでもびくともしない。

もう少し滑り込んでみると、また評価も変わるかも。ただ、太けりゃいい!って訳じゃないような気がしてきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

モーグル女子決勝の結果

とても残念でした。愛子は出だしのミスで体が固くなり、1エアもやや小さく。ランディングも大きくチェックを入れてしまって。ミドル以降は取り戻しましたが、タイムが・・・28秒台。ターンも少し雑な印象を受けました。コークは大きくてばっちりでしたが。5位悔しいです。

里谷も滑りに迫力がなかった。やはり2エアが気になってたのか。「走れ~タエ!」とは叫べなかった。

ジェニファーはさすが。気迫で金。カーリーは3Dがあんなに決まるとは予想しなかった。さすが女王。サンドラも見事。サンドラのターンは好きなのでうれしい。オリンピックでも世代交代だなと思わせる順位でした。やはりバーンは固くなりました。次は附田に一発・・・期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーグル女子予選終了!

やりましたね~!上村、里谷、伊藤の3人が予選通過!愛子はスピード抑えてましたね。里谷はドキドキでしたが、エアがうまくいったし、滑りはやはりカッコいい!みきは良く頑張りました。個人的には応援していたハンナが失敗してしまって残念。泣いてますねきっと。でもまだ若いので次回は・・・

さてメダル予想!ジェニファー、愛子、ミシェルロークでどうでしょ?

ただサンドラ・ラウラが好調のようで気になります。もちろんサラやニコラ・スドバも調子よさそうです。カーリーは3Dが成功するか?人口雪でナイターはカチカチになりそうなので、波乱が起こるかも。それにしても、コブは浅いし、簡単なようで面白くないなーと思います。リステルのような急斜自然コブでやってほしいものです。

サンドラといえばサンドラ・シュミット。生きていればメダル争いに加わっているでしょう・・・悔しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ!

いよいよ、トリノオリンピック。女子モーグル予選始まりです!!楽しみ~頑張れ日本勢!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POWER90 その3

060126_2156 このブーツを買ったときは、まだコブ滑りもしてたので、かかとに振動吸収材を仕込みました。ブーツの底敷き?のかかと部分を削って、低反発枕のような押したらグニョと凹んで戻る吸収材です。削るのが面倒くさいらしく、ショップの人に愚痴を言われてしまいました(笑)。これで固いバーンで踵から着地したようなときでも、踵がジーンとしびれる事はなくなりました。(ホントに?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POWER90 その2

足診断をしてもらったところ、面白い足だと言われました。足を曲げると(膝を前に出す)、足裏の内側が浮いてしまうのです。そこで内側をかさ上げする為、インソールの下にコルクで下敷きを作ってもらいました。カント調整もめい一杯外側へ。インソールはシダスですがへたり気味。

060126_2157 060126_215700 060126_2159

| | コメント (1) | トラックバック (0)

POWER90 その1

060126_220800_1 スキーブーツは ROSSIGNOLのPOWER90。フリーライド向けで前後はそこそこ柔らかく、サイドは剛性あり。今年で3シーズン目。インナーもへたり気味だし、お気に入りだけど今シーズンで引退。サーモインナーですけど、一度も熱を入れてません。実は中身はスペシャルチューニングが施してあります。続きはまた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五竜

Small__1 2月5日 曇りのち晴れ&強風 -15℃ ゴータマ

本日もブルークリフのワンディツアーに参加。天気は曇りで冷えている。今日は47より五竜へ。リフトの運転開始を待ってのんびりと出発。しかし上部リフトは強風で今にも停まりそう。しかもひどく冷たい。強風の中、BCに入っていくが視界も無く、時折突風で倒されるほど・・・(太い板はなおさら?)稜線に登る事も出来ず史上最短のハイクでドロップイン。これが大魔王伝説の始まりとは・・・

斜面に入ると風は無くなり、みごとなノートラックバーンが・・・一人滑ると、その深さに一同テンション急上昇!雄叫びが響き渡るー!滑ると40パウ、いやそれ以上か?しかもいつになく軽い!常に胸にぶち当たる雪。そして深みにトップを落とせば、頭を超えて全身に降り注ぐ雪。下部はツリーランとなり起伏もあるので飛んだり潜ったり雪浴びまくりで楽しい!自然に声が・・・「ウオ~!」「イエイ~!」。会話になっていません!メンバー全員狂喜乱舞!ヤバイです。そしてエスカルプラザで休憩した後(全員雪まみれでニコニコした変な集団でした)、2回戦へ突入。しかし五竜はゴンドラストップでシャトルバスで47へ。しかし上部リフトは停まってしまったので、ゲレンデハイク。相変わらず風は強いが天気は晴れ。そしてさらに雪が軽くて斜度もある大魔王斜面へ・・・ひとり、またひとり奇声が谷間にコダマするのでした・・・最後は思いっきり飛ばしました!あまりの快感に何がなんだか分からない状態でした。ガイド含めて?メンバー全員が妙なテンションになり、最高に楽しい一日でした!ビールでしめ!ブルークリフのツアーレポートにその様子が。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五竜

Small__1 2月5日 曇りのち晴れ&強風 -15℃ ゴータマ

本日もブルークリフのワンディツアーに参加。天気は曇りで冷えている。今日は47より五竜へ。リフトの運転開始を待ってのんびりと出発。しかし上部リフトは強風で今にも停まりそう。しかもひどく冷たい。強風の中、BCに入っていくが視界も無く、時折突風で倒されるほど・・・(太い板はなおさら?)稜線に登る事も出来ず史上最短のハイクでドロップイン。これが大魔王伝説の始まりとは・・・

斜面に入ると風は無くなり、みごとなノートラックバーンが・・・一人滑ると、その深さに一同テンション急上昇!雄叫びが響き渡るー!滑ると40パウ、いやそれ以上か?しかもいつになく軽い!常に胸にぶち当たる雪。そして深みにトップを落とせば、頭を超えて全身に降り注ぐ雪。下部はツリーランとなり起伏もあるので飛んだり潜ったり雪浴びまくりで楽しい!自然に声が・・・「ウオ~!」「イエイ~!」。会話になっていません!メンバー全員狂喜乱舞!ヤバイです。そしてエスカルプラザで休憩した後(全員雪まみれでニコニコした変な集団でした)、2回戦へ突入。しかし五竜はゴンドラストップでシャトルバスで47へ。しかし上部リフトは停まってしまったので、ゲレンデハイク。相変わらず風は強いが天気は晴れ。そしてさらに雪が軽くて斜度もある大魔王斜面へ・・・ひとり、またひとり奇声が谷間にコダマするのでした・・・最後は思いっきり飛ばしました!あまりの快感に何がなんだか分からない状態でした。ガイド含めて?メンバー全員が妙なテンションになり、最高に楽しい一日でした!ビールでしめ!ブルークリフのツアーレポートにその様子が。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稗田山レース

Small_ 2月4日 曇り 積雪40cm -5℃以下 ゴータマ

寒波到来。冬将軍到来。西高東低。またやってきました。事前アメダス確認では小谷で積雪30。いつにない寒さで白馬に入ると-8℃。軽い雪が舞っている。まるで北海道。朝の山頂は-15℃。今日はコースOPEN。8時過ぎリフトに並ぶ。8時半に運転開始。ほとんどの人が滑らずにそのまま二つ目のリフトに並ぶ。10番手キープ。9時運転開始だが、雪崩などのコースチェックで待たされる。もちろん誰も文句は言わない。20分経つと体が冷え切ってトイレも行きたくなって辛い。40分は以上は待っただろうか。後ろは50人ほど。運転開始。高まる緊張感。リフトを降りる=ドロップインみたいなもん。降りてすぐ稗田山コースまでの尾根を漕ぐ。冷え切った体と、緊張で力が入らない。みんなノートラックを手に入れるのに必死だ。そして40度の斜面に立ち止まらず飛び込む!軽い!40パウはある!!軽く様子見ターンした後ゴータマをスピードに乗せロングターンに持ち込もうとする・・・とそのとき、左から矢のごとく抜き去っていく奴が!サイコだ!Fには今まで抜かれたことは無いのに・・・カチッとスイッチ入ってチョッカリで追う!しかし変なオーラを出したFは激しい雪炎と共に撃沈・・・(後談:サイコの凄まじい加速に体がついていけなかったそうだ)。すると次にゲンテン2機が並走して左から抜いてくる。ゴータマじゃ勝てない。そして一機は大きくスプレーをあげながらフォールラインに割り込んでくる。その雪煙で視界が遮られ前が見えない。そしてこのスピードで奴のトラックに入ると転倒の危険。一向にターンしないので右に右に避けて林の縁まで追いやられる!マジで頭きた!人のフォールに入るな!600m完走。この後、ジャイアントもいただき。そしてズタズタに荒れた斜面を滑り終了。300円のランチバイキングと風呂で締める。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稗田山レース

Small_ 2月4日 曇り 積雪40cm -5℃以下 ゴータマ

寒波到来。冬将軍到来。西高東低。またやってきました。事前アメダス確認では小谷で積雪30。いつにない寒さで白馬に入ると-8℃。軽い雪が舞っている。まるで北海道。朝の山頂は-15℃。今日はコースOPEN。8時過ぎリフトに並ぶ。8時半に運転開始。ほとんどの人が滑らずにそのまま二つ目のリフトに並ぶ。10番手キープ。9時運転開始だが、雪崩などのコースチェックで待たされる。もちろん誰も文句は言わない。20分経つと体が冷え切ってトイレも行きたくなって辛い。40分は以上は待っただろうか。後ろは50人ほど。運転開始。高まる緊張感。リフトを降りる=ドロップインみたいなもん。降りてすぐ稗田山コースまでの尾根を漕ぐ。冷え切った体と、緊張で力が入らない。みんなノートラックを手に入れるのに必死だ。そして40度の斜面に立ち止まらず飛び込む!軽い!40パウはある!!軽く様子見ターンした後ゴータマをスピードに乗せロングターンに持ち込もうとする・・・とそのとき、左から矢のごとく抜き去っていく奴が!サイコだ!Fには今まで抜かれたことは無いのに・・・カチッとスイッチ入ってチョッカリで追う!しかし変なオーラを出したFは激しい雪炎と共に撃沈・・・(後談:サイコの凄まじい加速に体がついていけなかったそうだ)。すると次にゲンテン2機が並走して左から抜いてくる。ゴータマじゃ勝てない。そして一機は大きくスプレーをあげながらフォールラインに割り込んでくる。その雪煙で視界が遮られ前が見えない。そしてこのスピードで奴のトラックに入ると転倒の危険。一向にターンしないので右に右に避けて林の縁まで追いやられる!マジで頭きた!人のフォールに入るな!600m完走。この後、ジャイアントもいただき。そしてズタズタに荒れた斜面を滑り終了。300円のランチバイキングと風呂で締める。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CYCHO&Scream10

Imgp0746 サイコ!ちょっと履いてみました。と言っても緩斜面の深雪のみ。スウッとノーズが浮いて、スピードが落ちません。そして整地に出るとなんとかズラシで曲がります。ふと目をやるとトップが接地せず浮いています!曲がらないはずです。カービングなんてくそ食らえです。それもそのはず。この板、トップに行くほど絞られています。サイドカーブなんて関係なし。ひたすら深雪の浮きとスピードを狙ったものです。愛機、サロモン・Scream10はセミファットでサイドカーブもあり。整地でも一応カービングができます。抜けるけど。最近、深雪の滑り方を見直し中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CYCHO&Scream10

Imgp0746 サイコ!ちょっと履いてみました。と言っても緩斜面の深雪のみ。スウッとノーズが浮いて、スピードが落ちません。そして整地に出るとなんとかズラシで曲がります。ふと目をやるとトップが接地せず浮いています!曲がらないはずです。カービングなんてくそ食らえです。それもそのはず。この板、トップに行くほど絞られています。サイドカーブなんて関係なし。ひたすら深雪の浮きとスピードを狙ったものです。愛機、サロモン・Scream10はセミファットでサイドカーブもあり。整地でも一応カービングができます。抜けるけど。最近、深雪の滑り方を見直し中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勘違い?

060128_0854スキー場にて。まだリフトは営業開始前で試運転中。お客さんが乗らないように写真のようにバーを横倒している。まだ誰も並んでない。ふと目をやると3人ほどリフトに乗ろうとする!タイミング悪く従業員が離れていた為、一人は制止することできず乗っていってしまった・・・そしてその人はスノーモービルで降ろされた。多分、大きな勘違いして乗ってしまったのだろう。有り得ない!!と思うが、そこは人間。常識をも打ち破る行動を起こすことがある。自分もバス降りるとき1000円を両替しようとして、両替機ではなく運賃箱に入れて迷惑を掛けた事がある。万が一を考えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勘違い?

060128_0854スキー場にて。まだリフトは営業開始前で試運転中。お客さんが乗らないように写真のようにバーを横倒している。まだ誰も並んでない。ふと目をやると3人ほどリフトに乗ろうとする!タイミング悪く従業員が離れていた為、一人は制止することできず乗っていってしまった・・・そしてその人はスノーモービルで降ろされた。多分、大きな勘違いして乗ってしまったのだろう。有り得ない!!と思うが、そこは人間。常識をも打ち破る行動を起こすことがある。自分もバス降りるとき1000円を両替しようとして、両替機ではなく運賃箱に入れて迷惑を掛けた事がある。万が一を考えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八方 押出沢

1月29日 八方 押出沢 晴れ 下部で5℃弱 ゴータマ&シュー

今日もブルークリフのツアーに参加。前日の強風でウインドパックされたガリガリ斜面との予想。でも底に雪が溜まっていれば・・・・稜線を歩いて行くと、写真のように斜面は例の先々週の雨の影響でヒダヒダのカリカリ!しかし天気はまたしてもドピーカン!!次第に風が強くなり押出沢にてドロップイン。沢底になんとか雪が残っています。少し重めだが深さは十分あり。時々クラストしてたりガリガリだったりでなかなか手強かった。回すのに力を必要とし、呼吸は乱れるし足はパンパン。ラストは滑走距離も長く、足が悲鳴を上げ途中で停まろうかと思ったほど。しかし滑りきって充実ラン♪ その滑りはブルークリフHPのツアーレポートを参照。この日より、頭の中は常に真っ白なパウを考えるようになりました。病気発病です・・・(今年はいつもより持ちこたえた)

写真は、八方稜線・押出沢上部・押出沢下部。

Photo_4 Photo_6 Photo_7 Photo_8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八方 押出沢

1月29日 八方 押出沢 晴れ 下部で5℃弱 ゴータマ&シュー

今日もブルークリフのツアーに参加。前日の強風でウインドパックされたガリガリ斜面との予想。でも底に雪が溜まっていれば・・・・稜線を歩いて行くと、写真のように斜面は例の先々週の雨の影響でヒダヒダのカリカリ!しかし天気はまたしてもドピーカン!!次第に風が強くなり押出沢にてドロップイン。沢底になんとか雪が残っています。少し重めだが深さは十分あり。時々クラストしてたりガリガリだったりでなかなか手強かった。回すのに力を必要とし、呼吸は乱れるし足はパンパン。ラストは滑走距離も長く、足が悲鳴を上げ途中で停まろうかと思ったほど。しかし滑りきって充実ラン♪ その滑りはブルークリフHPのツアーレポートを参照。この日より、頭の中は常に真っ白なパウを考えるようになりました。病気発病です・・・(今年はいつもより持ちこたえた)

写真は、八方稜線・押出沢上部・押出沢下部。

Photo_4 Photo_6 Photo_7 Photo_8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »